妊娠・出産・育児の情報サイト


動きたい盛りの娘、正月帰省の移動が不安…。そんな時のキラーアイテムはシール!

f:id:akasuguedi:20161201193651j:plain

もうそろそろ2016年も終わりですね。

個人的に、今年の4月に娘が保育園に入園し、母は仕事をスローペースで再開しました。

のんびり仕事復帰したとはいえ、2016年は今までの人生で一番忙しく、こんなにピンチを経験した年はないというほど、怒濤の年だったように思います。

 

そんな2016年の年末が押し迫る今、不安に思っているのが、お正月の帰省です。

実家までは新幹線で1時間30分ほどですが、娘はじっとしているのが嫌なお年頃。ギャン泣きは避けて通れないと思われ、考えるだけで本当に憂鬱です。

最近は、30分ほどの外食をするのにも手を焼くほど。

娘を飽きさせないために、絵本に飽きたらスマホで動画を見せ、それに飽きたらおもちゃを渡し、最終的にはおやつでなだめ…、手を替え品を替えながら、何とか時間をやり過ごしています。

 

「どうしたものか」と思っている時、何気なくベビー用品店で『0・1さいおすわりできたら はじめてアンパンマン』という書籍を見つけました。

1冊900円(税抜)とちょっとお高めですが、鈴入りの大きなビーチボールが付録だったので、思わず買ってしまいました。

アンパンマンが大好きな娘は、それはもう大興奮!

いろいろな仕掛けのある内容が気に入り、何回も「読んで!」とリクエストしてきます。

 

特に、シールを貼るページに、娘の興味がロックオン!

シールを貼ったらはがし、貼ったらはがしと、飽きもせず集中して遊んでいます。

そんなにシールが好きならばと、100円均一ショップで動物のキャラクターのシールを購入したところ、やっぱり大喜び!

また、シールを貼ったらはがして、自分の世界に没頭しています。

 

そんな娘の姿を見て、正月帰省の新幹線でシールが使えるかも?と、少し希望の光が差しています。

ネットで検索したところ、飛行機のフライト中は「シールブック」で遊ばせるのが、小さな子ども向けの定番対策法のようです。

特におすすめなのは、洋書のシールブックだそうで、1000種類もシールが付いているものもあり、時間つぶしに最適なのだとか。

 

そういえば、自分も子どもの時にシールが大好きだったことを思い出しました。貼るのがもったいなくて、集めては眺めてばかりでしたが(笑)。

そんな根っから貧乏性の母は、娘の“シール熱”が覚めないことを祈りつつ、今日も100円均一ショップをめぐってシール購入に奔走しています。

f:id:akasuguedi:20160402232150j:plain

著者:BB_TAO
年齢:41歳
子どもの年齢:1歳

40歳初産の新ママ。娘の保育園通いも半年が過ぎ、このルーティンにやっと、慣れてきました。今、少し心配しているのは、娘がなかなか歩かないこと。そろそろかなー?

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。