妊娠・出産・育児の情報サイト


破水?尿漏れ?

病院主催の母親学級や、市がやってるマタニティ学級でも出産の兆候(陣痛おしるし破水)を教えてもらっていましたが、初めてのことなのでどれが陣痛でどれが破水かピンとくるものなのか心配でした。

 

それは40週のことでした。

なかなか兆候のない私は産院の先生の提案で誘発剤を点滴するために一度一泊だけ入院したものの効果は表れず、一度退院して自宅で就寝したときのことでした。

特に何の兆候もありませんでした。

 

午前一時、突然生理の血がドバッと出るような感覚があり、慌ててトイレに駆け込むえきたいと無色の液体が自分の意思とは関係なく流れ出ました。

これは破水だ!とピンと来ました。

慌てて旦那を起こし、病院に電話をして入院の荷物をもって車で送ってもらいました。

このときは私も旦那もとうとう来たという気持ちしかありませんでした。

 

病院に着くと、分娩台に寝ていつもの装置をお腹につけてました。赤ちゃんは元気。

 

破水をした経緯を伝えると、破水をしたか確認すると看護師さんが言って、綿棒の長いやつを挿入しました。それを薬剤に入れて反応をみると、看護師さんが「あれ?」と言います。

破水の反応がでないというのです。

 

私は「は?」とポカンとしてしまいました。破水じゃなければさっきの水はなんだったんだと。

それから何度も検査してもらいましたが、反応は出ませんでした。

陣痛もこないし、帰る?」と看護師さんに言われ、すごすご帰ることに。

破水じゃないなら尿漏れしかない。すごく恥ずかしかったです。

 

それから就寝も、すぐに陣痛が来ました。

再度病院に行きづらかったですが、大事をとって電話して病院に行くことにしました。

 

しかし病院につくとピタッと陣痛がなくなりました。「陣痛ないし、帰る?」と看護師さんが言いましたが、また陣痛くるかもしれないということで、入院することにしました。

 

次の日、普通に陣痛もなく赤ちゃんも元気。

別の看護師さんがもう一度破水の検査をしてくれました。すると少し反応があると言うのです。そこで先生に見てもらい、破水の結晶を調べてもらったところ、「破水してます」というのです。

しかも、すでに水が半分くらい流れていて、赤ちゃんの足の部分は破水に浸ってないので、緊急帝王切開したほうがいいとのこと。

 

それはもう、なんだそりゃ!でした。

妊娠中に冗談で、休日の夜間の帝王切開なんて一番料金高いから、私は自然分娩で一番安く済ます!なんて旦那と話してましたが、結局は一番料金が高いコースとなったわけです。