妊娠・出産・育児の情報サイト


ごめんね

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

当時、旦那と別居していて急遽仕事をする事になりました。

まだ、子どもは1才になったばかり。

朝から夕方まで親戚の叔母のところに子どもを預けて仕事に行くようになった初日のこと。

寒くなりはじめた時期で、私は寒がりで叔母の家に遊びに行くと、膝掛けを腰に巻いて暖まっていました。

子どもは私がいつもしていることを覚えていたのでしょう。

膝掛けを持って家中私を探し回ったそうです。

それからしばらく、膝掛けを持って探し回る行動は何日か続いたそうです。

その話を聞いた時、涙がとまりませんでした。

13年経ちましたが今でも忘れられない事でいまだに涙が出てしまいます。

著者:りん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。