妊娠・出産・育児の情報サイト


産むことより産んだ後がこんなに辛いとは。

初めての出産だったので「妊娠、出産」に関することは携帯で調べたり、本を読んだりして知識を結構つけていました。

マタニティクラスに参加したりもしました。

無痛、和痛のことなどもするか悩んでいたのでメリットデメリットを調べたり…。

 

出産が近づくにつれ、怖いのもあり、未知の世界だったので出産のことばかり気に取られていました。

 

が、実際は産んだ後の方がつらくてつらくて。。

 

おっぱいトラブルや、産後家に帰ってからの子育ての大変さなど

 

おっぱいトラブルは入院中からすでに起きていました。

ガチガチになるとはこういうことか!と。友達にもおっぱいトラブルは辛いと聞かされていたけどこんなに辛いとは

予備知識があまりなかったので対処法もわからず看護士さんにたくさん助けてもらいました。

アイスノンを冷凍庫でなく冷蔵庫で冷やして使うのが一番良かったです。

冷やしすぎると今度はおっぱいがでなくなってしまうらしいのでやりすぎもよくないらしいです。

 

あとは睡眠不足によるストレスや家に引きこもりの一ヶ月間のストレスが結構きつかったです。

途中からは家族に30分~1時間預けて近くの喫茶店に行ったり軽い散歩に出たりしましたが本当にそんなひとときがストレス解消の時間でした。

 

外に出て空気を吸っていると、客観的に自分を見れるのか、不思議とまた子育て頑張ろう!と思えました。

 

六ヶ月の今はそんな生活にも慣れかわいい我が子の育児を楽しめています。

 

はじめの一ヶ月はもちろん赤ちゃんも記憶がないですがママも記憶がありません笑。

 

第二子を授かった時には今までの反省を生かしてもっと気楽に育児したいと思います。

著者:まあこ

29歳で第一子出産。男の子のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。