妊娠・出産・育児の情報サイト


想像と現実

出産の時の呼吸法ですが初産の時はパパママ教室には一度も行かず携帯でのネット、助産師さんにという形で土壇場まで何も予習なくでした。

そのため呼吸法なんてものは良くわからず陣痛中もずっーとずーーっとうなり、叫び痛みに耐え続けてやっと『力んでいいよ』 という合図と共に息もめちゃくちゃで吸いすぎて、産まれた後には手足などが痺れ体も産後すぐだったからなのか脱力でした。

2人目は2年あけての出産で痛みには歌手のMINMIを参考に赤ちゃんを応援しながら陣痛に耐え、応援のおかげか、気持ちの問題かわからないけど痛みが凄く耐えられ子宮口3㎝からの3、4時間からの助産師さん到着後20分ちょいで出産でした。

これまた呼吸法が、息しすぎで手足などが痺れ体も産後すぐで脱力感ハンパなく、カンガルーが中々できずで笑いがという感じでした。

元々のテレビなどの情報は産まれてすぐ赤ちゃん泣いてって感じを想像していたので産んですぐ泣かなく、助産師さんには羊水綺麗にしてるからじき泣くよと言われるまで不安になったけど、泣いてくれて一安心。

実際感動して泣いたのは母乳をあげ初めてから2日後。涙が溢れてきました。出産は感動で中々体験できない事なのでいい思い出と家庭を築きあげてくださぃ

著者:2児ママ

同月の3日違いの息子と娘がいます。2歳差で来年3歳と1歳です

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。