妊娠・出産・育児の情報サイト


「風呂上がりは絶対に白湯」保育方針がレトロすぎ?! 園長先生の発言がもはやネタ…

f:id:akasuguedi:20161213131345j:plain

f:id:akasuguedi:20161211094452p:plain

うちの子が通っている保育園の園長先生が個性的で今、一番のツボです。

パッと見はいたって普通の園長先生。強いていえば、自らエプロンつけて保育現場に積極的に入るタイプというよりは、スーツやワンピースなどをビシッと着て関係会社や部署等への渉外を得意としているような感じの方です。

 

最初に(あれ!?)と思ったのは、入園2日目に開かれた『新入園児の父母懇親会』でのこと。ここに参加したほとんどが0歳児の親でした(我が家含む)。

そこで自己紹介を兼ねて、子どもと普段どうやって過ごしているかを1人ずつ紹介することになったんです。

 

私は入浴後いつもおっぱいを飲ませながら、子どもと一緒に私もウトウトしてしまう話をしたところ、突然園長が

「ねぇ。今の話って入浴後におっぱいをあげているってこと?」

と鋭く質問してきました。

 

その様子に少しビビった私は慌てて、

「そっそうですけれどぉ…」

と返したら、

「お風呂の後に飲ませていいのは白湯よ!そこでおっぱいをあげたら太ってしまうわよ!だから●●君はちょっと太り気味なのね!いったいどこでそんな風に習ったの!?」

と園長。

私は母親学級でも産後指導でもそんな風には聞いていないので、小声で、

「あのぉ…母親学級でも産院でも入浴後は母乳でもOKと習ったんですが…」

と答えたところ、

「どこの産院で産んだのよぉ!!」

と、ご立腹。

 

ちょっぴり不安になり、そこに同席していたほかのママに白湯の話を聞いたところ、

「(白湯しか飲ませちゃいけないなんて)そんなこと言われないよね~」

と、同じ意見だったので、ちょっと安心しました。

 

確かに私の母に聞くと、今から40年ほど前は『入浴後は白湯を飲ませて』と指導されたらしいんですが、今はそんな指導をしているところはどこにもなく……。

いつまでも40年前の方針や考え方で保育しているのかと不安になったんですが、今は保育園に入れるだけでも御の字という時代。辞めても行く当てがないので、いつか保育方針がアップデートすることを祈りつつ、通い続けることにしました。

 

でも園長の方針というか考え方がその後もかなりかっ飛んでいて、途中から父母会があるたびに『今回はどんなネタが飛び出すか』と、楽しみにさえなってきました。

 

たくさんあるんですが、一番印象的だったのは、うちの子が1歳児クラスの時のトイレトレーニングの話。

父母会で、

「これからトイレトレーニングを進めていくと思いますが、間違っても男の子にすわっておしっこは教えちゃだめです」

と、園長先生。

我が家ではすでに座っておしっこをさせるように教えようと、補助便座などもそれ用のものを準備していたのでギクリ!

恐る恐る、

「なんですわっておしっこさせるとだめなんでしょうか…」

と質問したところ、

「あなた、座っておしっこするようになったら精子がダメになるからよ!それに、いつも個室の洋式便所入っておしっこしていたら、小学校に行ってから『アイツ、いつもウンチだぜ』と同級生からからかわれて、いじめられる確率がアップするわよ!」

とのこと……。

 

まぁ『常に洋式便所』は、お友達にそう思われる可能性もなきにしもあらずだけど、精子の話はどこから出てきたものなのか……。

私も調べきれてはいないのですが、科学的根拠が不明なものを堂々と言い切ってしまうあたりが、最近では「さすがだな」とさえ今は思っています。

f:id:akasuguedi:20161213125846j:plain

↑ 園長先生の精子の話を聞く前に我が家で準備していたトイレトレーニンググッズは、すべて座って用を足すことを想定したものばかり……Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

f:id:akasuguope02:20150603013707j:plain

著者:バタざえもん
年齢:41歳
子どもの年齢:1歳と3歳

バター、マヨネーズなど高カロリーな調味料を三度の飯とともに食らう年齢不詳の腐女子。齢35歳にして自分が全く知らない「妊活」という世界を垣間見ることに。妊活を卒業し、出産をしてゆっくり休もうと思った矢先「子育て」という事業をやらねばならないことに初めて気づき、猪突猛進ちう!バターをたくさん浮かべたラーメンをたらふく食べるのが今のゆめ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。