妊娠・出産・育児の情報サイト


痛み苦しみもがく私と余裕の旦那の立ち会い出産

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

第一子授かり後、私と旦那、暗黙の了解のところもあり、仕事が抜けれるのであれば立会い出産希望でした。

予定日が過ぎドキドキしている毎日、今のは前駆陣痛?それとも陣痛?と初めてのことだらけで分からずジタバタしていました。

朝の7時、いつもと同じような前駆陣痛、しかし、間隔を測ってみると8分刻みっぽい!いや、時計ばっかりみてるから8分おきに痛むのかな~なんて思ってとりあえず旦那に電話で報告。旦那は病院に電話してみれば?というので、10時ごろ病院に電話すると今から出産の準備をして来てくださいのこと。内心前駆陣痛で帰されたら恥ずかしいなーなんて思いながらタクシー使わずバスで病院まで。実際8分刻みだけど、前駆陣痛が結構痛いタイプで痛みに慣れていてまだまだ動ける状態。10時半病院につき内診。3センチくらいですね、家帰りますか?それとも様子見で一泊泊まってく?と先生が。ここまできたし帰るのも恥ずいなーって思っていたので、じゃー、一泊で!なんてホテルか!みたいなやりとり。手続きしてとりあえず部屋へ移動。部屋は6人部屋でした。その間もちくちく前駆陣痛みたいのが続き、、、12時、お昼の時間、お昼御飯を食べようとしたらあれ?なんか痛みやばいんですけど、、、あれ?間隔短くなってる!!5分間隔。さっきの内診で子宮口が一気に開いたみたい!お昼ご飯なんて食べる余裕ない。そこへ、わたしの母が来て陣痛始まった?ってワクワクしながら。傷みが強くなったわたしは母の相手してられなぁーい!お母さん、後で連絡するからいまはそっとしておいて!と母が帰り、それから我慢に耐えれなくなったわたしは助産婦さんをナースコールで呼び、なんか、とてつもなく痛いんですけどー!!!と苦痛の叫び。その頃5分間隔。助産婦さん曰く、若いから進行が早いんだそう。そして子宮口を刺激したからさらに開きが早まったんだって。分娩室まえのベットに行き、そろそろ旦那さん呼んで?と助産婦さんが。痛みに耐えながら旦那に連絡して、今すぐきてー!!!

30分後旦那到着とともに分娩室へ。

もうそのころ傷みマックスだから旦那と話す余裕なんてない!さて、準備も済んだしそろそろいきみましょうか。と助産婦さん。わたしはもういきみたくっていきみたくって仕方がなかった!助産婦さんにはいきむのちょっと待って!とかいわれながらもうあかちゃんでたがってるから早よ出してーと私の心のさけび。ちょっとづついきみ、そばにいる旦那からは、ウワァ~顔出た顔でた!とか、素直に感動してる余裕の旦那。なんなら旦那の実況中継が始まった。おいおい、頑張れとか手を握るとかあるだろ~つて思いながらいきむわたし。苦笑

いきみたい。いきみたい。いきんでるときに変な話だなぜかウンチが出ているような感覚に襲われる。ちょくちょく私、ウンチ出てない?ウンチ出てない?とみんなに確認。笑 助産婦さんはプロ集団だからそんなの気にしないけれど一応女子のわたし。なぜだかそこがすごく気になってしまって笑っ

なんだかんだ、

分娩室にはいってちょうど1時間後無事出産。

赤ちゃんかわいーーなんて思っている余裕無い私。とりあえず、終わったーなんてさけび、痛みの苦しみから解放されなんだかすっきり笑

子宮口の縫合なんて痛覚鈍ってる今だと全く痛くなく、余裕。女ってだから強いんだなーと改めて思い感心。笑

そしてわたしの横に赤ちゃんが来て、その後旦那が始めての抱っこ。危なっかしい持ち方で緊張感がこっちまで伝わってくる。大きい腕の中に小さな赤ちゃん。その姿を見て立ち会い出産してよかったなーってほっこりしちゃいました。

どれだけ出産が大変か、痛み苦しみもがき壮絶な出産、それが旦那に伝わってよかったし、なにより、産まれたてのあかちゃんを抱っこさせてあげられたことが一番良かった。

 

著者:エリコ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。