妊娠・出産・育児の情報サイト


会陰切開もせず上出来の出産だと思ったら「中が裂けちゃいましたね~」って!?

f:id:akasuguedi:20161216173744j:plain

二人目の子を出産した時の話です。

日付が変わり予定日を過ぎた夜中に陣痛が始まり、寝ている長女を夫に託して、一人タクシーで産院へ向かいました。

病院へ着いた頃にはすでに子宮口が5cmまで開いていました。
「もう5cmですよ!経産婦さんはやっぱり進むのが早い、順調!順調!」と助産師さん。
「え~!もうそんなに?」と会話する余裕はまだまだありました。

当然、陣痛の痛みはありましたが、間隔はまだ5分くらい。
一人目を産んだ経験があったので「産まれる時は、まだまだこんなもんじゃない」と、自分でも落ち着いて分娩台にあがれたという自覚があります。

朝方、陣痛の感覚が短くなり、助産師さんから「立ち合いの予定ですよね?旦那さん、そろそろ来てもらった方が良いかも。」と言われ、夫に電話しました。

まもなく夫と寝起きの長女が到着。
陣痛の感覚もだんだんと短くなり、出産に向けて助産師さんが分娩台の上にシートを敷いて準備を進めていました。

夫と長女も分娩台の横で「がんばれー!」と声をかけてくれました。
陣痛がいよいよ強くなり、いきんで良いタイミングに。
数回いきんだところで無事に次女が誕生しました。

会陰切開もなく、自分なりに上出来の出産!
と思いきや、産後の私のおすその処置になんだか時間がかかってる…?

どうしたのかな?と思っていると、
なんと産科の先生から「中が裂けちゃいましたね~、縫合しますね!」との言葉が。

ええ~!?

出産の際、産道の出口が裂けることはよくあること。
それを回避するため、あらかじめ会陰切開する場合もあります。

私の場合は出口は大丈夫だったものの、産道つまり頸管が裂けてしまったのです。

赤ちゃんが降りてくる感覚はわかりましたが、陣痛の痛みが強く、頸管が裂ける痛みなんて全く気付きませんでした。

さらに、頸管裂傷にともなって出血量も多くなり、貧血状態になってしまいました。
通常なら、少し休んだ後はすぐに入院中に過ごす部屋へ移動するはずでしたが、「貧血で顔が真っ白なので、もう少しこのまま休んでくださいね」と言われ、しばらくその場で休ませてもらいました。

そしていざ部屋に移動する時も、立ち上がると危ないからと車椅子に乗せられて移動…
入院部屋に着いても、貧血が落ち着くまで自力でトイレに行くのは危険と下に管を入れられ、寝たきり状態に。

お見舞いに来てくれた義理の両親にも「顔が真っ白!大丈夫なの?」と心配されるほどで、産後2日ほどは少し歩くだけでも動悸が激しく大変でした。

その後は、なるべく水分を摂るように指導され、処方された鉄剤を飲み、なんとか退院までに回復しましたが、出産以外で入院や大きなケガの経験がなかった私にとっては車椅子も下に管をいれられるのも初体験でした。

そんなハプニングはありましたが、希望通りに夫と長女に立ち会ってもらえたし、かわいい次女が無事に誕生したし、大満足な出産となりました。

f:id:akasuguope04:20160613183431p:plain

著者:うなさき
年齢:33歳
子どもの年齢:5歳と2歳

ファッション大好き主婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。