妊娠・出産・育児の情報サイト


うまくいかなかった国際結婚。実家が大好きすぎる夫に父親の自覚を持ってほしかった…

f:id:akasuguope04:20160510155412j:plain

わたしの旦那さん実家は徒歩で30分くらいのところ。彼の友達も近くに住んでいるので、よく実家に帰ってそのまま泊まってくることもありました。長い時は週4日は泊まっていたこともあったのです。

お腹が大きくなってきて辛いので、一緒に買い物に行って欲しいと思いましたが、彼は実家に戻っていることが多くなかなか頼めません。また、妊娠が判明してからわたしの仕事をする時間が短くなったため、彼はもう一つ仕事を増やしました。彼なりにがんばっているから、あまり頼むはどうかな……とも思っていたのです。

とはいえ、実家に泊まってそこから仕事に行く、でも帰ってくるのかわからない……電話をしても、彼自身がどうするのか決めていない場合も多く、ほとんど実家に泊まっていました。

こう書くと、それっておかしくない? 普通、奥さんのところに帰るでしょう?と思いますよね?わたしもそう思っていました。

わたしの旦那さんは日本人ではなく、彼の家族にとってもわたしの家族にとっても、初めての国際結婚です。その上、わたしは旦那さんの国、アメリカに住んでいるので、誰かに愚痴りたくとも時差を考えたりすると、国際電話をする気になれません。親の反対を押し切って結婚したようなものなので、実家にもあまり頼れない状態だったのです。

妊娠をきっかけに、同じくアメリカに住む日本人妊婦さんと知り合いになりましたが、彼女たちのアメリカ人の旦那さんはわたしの旦那さんと違って、すごーく協力的でした。彼女たちの旦那さんの実家が近くではないということもありますが、仕事で忙しい中でも当たり前のように奥さんに協力している。なのにわたしの旦那さんは週の半分は実家に帰っている。

母親と違って、「父親になる覚悟」が、なかなかできにくいんでしょう。

「でも大丈夫!」きっと生まれたらもっともっと協力してくれるはず。

そんな淡い期待を持っていました。残念ながら、旦那さんは変わりませんでした。かわいい息子が生まれたというのに、実家へ泊まる日々が続きます。

彼のお義母さんは「かわいい息子が生まれて、奥さんは大変なんだから家に帰って手伝いなさいって言っているのよ」と言ってくれましたが、実際のところはわかりません。
夫は「家族の絆」を大切にします。それはよくわかるけれど、でも、「あなたにとっての家族って、どっちなの?わたしと息子?それともお義母さん?」と、出産した後のホルモンのバランスが崩れていたことも手伝ってか、彼に何度も訊いたことがあります。

彼はいつも「両方とも大切な家族だ」と言うだけでした。

・・・確かにその通りなんですけれど、でも腑に落ちません。

 

わたしは出産に半日以上かかったので、かなり体力を消耗しています。産後は大人なのにハイハイをしないと動けない状態でした。
そんな状態が理解できなかった旦那は、妊婦時代と同じように動かないわたしに文句を言うのです。「どうしてできないの?母は子供を産んだ後も、普通に動いていたよ」と。
そんなことを言われて、困ってしまいました。

 

おむつが足りなくなって、お昼過ぎに買ってきて欲しいと頼んだのに真夜中に買ってきて、それもサイズが2つも上の大きいのを買ってきたりされると、さすがにキレます。

似たようなことが何度もありました。「買い物すらしてもらえないのか」と思うと、何度も涙が出てきました。


子供が生まれてからも「父親」としての自覚が出ず、独身時代と同じように実家と行き来して、わたしとの息子との生活を大切にしてくれなかった彼。

「いったいいつになったら働くんだよ? さっさと子供を預けて働けよ」と言った彼に対して、怒りを通り越して「ああ、きっとわかり合えないな」と思いました。

そんな彼とはその数年後、別居し、今は離婚調停中です。

f:id:akasuguope04:20160510192648j:plain

著者:ととら
年齢:35歳
子どもの年齢:3歳

海外(アメリカ)に住んで早20年近く。その半分が子育てに費やしていることに。ただいま離婚協議中のシングルマザーになってしまいましたが、1人息子と一緒にスポーツ観戦や日本のアニメを見て、笑いが絶えない日々を送っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。