妊娠・出産・育児の情報サイト


1歳3ヶ月、まだ歩き出さない娘。原因は親子の関わり方? つい検索してはモヤモヤ…

f:id:akasuguedi:20161220143152j:plain

つたい歩きやハイハイをし出すのが少し遅めだった娘は、1歳3カ月の現在も、自分で歩行できません。

個人差があるとはいえ、誕生月付近には歩き出すのかな…と勝手に思っていた父母は、何となく心配しています。

とはいえ、歩行の練習を無理にさせるとO脚になるとかなんとかで、NGだそうですね。

 

もやもやした気持ちが続いているので、『赤ちゃん 歩く いつから?』などと、web検索をしてしまいます。

早い子は8カ月頃から歩いた!なんて書き込みを見ると、焦る気持ちも…。

 

そんな時『子どもの歩行が遅いのは、親との関わりが薄いから』という書き込みを見かけました。

私のように歩行が遅めの子を心配した親御さんが、医者に相談したところ、そう言われたそうです。

 

親との関わりが薄いから…。

 

2016年の4月から仕事復帰をし、平日は保育園に預けています。

まだ小さいので風邪をひいて保育園をお休みすることも多く、その遅れを取り戻すために、土日はパパに預けて仕事をすることもしばしばです。

 

お休みの日ぐらい、娘がママに甘えたいことは重々承知です。でも、仕事への責任も果たさなくてはと、とても悩んでいました。

だからこそ、その書き込みが妙に心に刺さってしまったのです。

 

もやもやした気持ちが増長する中、とある病院の看護師長さんに取材する機会がありました。

師長さんも仕事と子育ての両立で悩んだ時期があったそうなのですが、その時のエピソードが、私の心のもやを一気に晴らしてくれました。


それは、

「一緒に居ないと子どもは不満に思うはずと決めつけていたけど、『僕はお母さんが元気でいてくれれば、うれしい』と言われて、心から救われた」

という話でした。

私は娘がまだ小さいので、同じ時間を共有する努力はしなければいけませんが、

「『居てあげられないから歩行が遅い』なんていう考えは間違っている!」

と、思い直せました。

 

子育てに正解はないし、これからもっと悩むことが増えると思います。

でも、どんな時も子どもの前では元気で笑っていよう!そして、その事を忘れないようにしようと、心に深く刻みました。

f:id:akasuguedi:20160402232150j:plain

著者:BB_TAO
年齢:41歳
子どもの年齢:1歳

40歳初産の新ママ。娘の保育園通いも半年が過ぎ、このルーティンにも慣れてきたところです。夏の疲れが出たのか、秋は家族中で風邪をひきっぱなし…。体力減退に悩む日々です、とほほ。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。