妊娠・出産・育児の情報サイト


バルーンからの陣痛促進剤

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

初の人工受精にて、妊娠。特に問題もなく予定日を迎えました。満月、新月、潮の満ち引きを気にしながらも予定日が過ぎてしまい、4日過ぎた日の診察の時、いつものようにNSTをしていたら赤ちゃんの様子がおかしいと看護師さん達がざわつき始めました。先生がきて診て、「赤ちゃん元気がなさそうなのと予定日過ぎてますので管理入院しますか?」と言われ、その日から入院しました。

1日に何回もNSTをしましたが、赤ちゃんの元気がなかったのは1回きりで、その後は特に問題ありませんでした。看護師さん曰く、赤ちゃんが一時的にへその緒を自分で握って苦しくなってしまったんじゃないかな、との事でした。

数日様子を見て、陣痛が来る気配が全くなかったので風船を入れて子宮口を広げる処置をしました。早い人は朝入れて午後には風船が抜けると聞いていたのですが私は結局夜まで抜けず、次の日また入れ直しました。それと同時に陣痛促進剤を投与されました。早い人はお昼くらいに出産になると言われましたが、前日の処置も効きが遅かったのできっと促進剤もそうだろうと思い、主人にはお昼頃来て~と言っておきました。が、投与されて2時間後には耐え難い痛みがきました。看護師さんには訴えましたが、前日の処置で私が大袈裟に痛がったことで信じてもらえず(笑)まだまだだろうと、トイレに行ったり分娩台に乗ったりを繰返しました。すべて看護師さんの指示のもとです。外来診察中の先生がたまたま分娩台の近くを通り、私を診察したときにはもう子宮口全開になっていてそこからみなさんバタバタ!私は朝ご飯を吐きました。初めていきみ方を教えてもらい、孫悟空がスーパーサイヤ人になるときのような格好でいきみ、気がついたら赤ちゃんが出てきていました。会陰切開しましたが痛みはありませんでした。切ったところの縫合と、出てしまったを戻されるときが地味に痛かったですがやはり一番は陣痛が痛かったですね。もう二人目は作りません。今のところ。

著者:コロちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。