妊娠・出産・育児の情報サイト


辛い悪阻

心音が確認された初期の頃から、貧血気味で歩くのも辛かったです。

まずゲップが出なくて、それもとにかく苦しい!いけないのかもしれないけど、ゲップを出すために指を突っ込んで、ゲップを出してました。ゲップを出すのに夜中ずっと洗面所にいた時期もありました。

ゲップに加えて、とにかく気持ち悪くて、何も食べなくても気持ち悪いし、食べてももちろん気持ち悪い…どうしていいか分からず。

とにかく、その時食べれそうなものを、食べたいものを、飲みたいものを飲みました。食べれる時によく食べたのはチョコチップパン!コンビニのチキンとフライドポテト、ヨーグルトなどなど。あとはお寿司。生物は避けた方がよかったのだろうけど、神経質にならず、食べたいものを食べました。酢飯も美味しく感じました。

でも、それらも気持ち悪い時にはもちろん吐いてました。食物繊維を含むものは消化が悪いのですぐに吐いてました。

吐く時も自然には吐けず、とにかく指を入れてスッキリするまで吐きました。

あとは、唾液がすっぱかったり、苦かったり、その時々で違いました。口の中も気持ち悪くて、よく歯磨きをしました。

あとは旦那さんの支えがあって助かりました。御飯も買ったり、自分でつくったりして食べてくれ、私が食べたいとお願いしたものをコンビニまで買いに行ってくれたり、洗い物をしてくれたり、起きてる間はお腹をさすってくれたり…本当に助かりました。

はっきりいってこれを食べたら悪阻がよくなった!ということはなく、とにかく耐えました。そして食べたいものを食べました。とにかく辛かったです。6ヶ月頃からはほとんどなくなったように思います。

著者:みほ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。