妊娠・出産・育児の情報サイト


人生計画通りからのまさかの不妊

私は23歳の時に子宮筋腫の手術をしました。

筋腫はとても大きく、まず筋腫を小さくしてから腹腔きょう手術で筋腫をとりました。

そこからはなんの病気もなく、今の旦那さんと28歳で知り合い、結婚に向けて計画的に実行してきました。

本当に順調で、こんなに幸せでいいのかな?と思ったくらいです。

 

結婚式が終わり、いざ子供を作ろうと思いましたが、なかなか自然妊娠では恵まれませんでした。

赤ちゃんなんてすぐできるものだと思っていたので、予想外の展開になぜ?なぜ?が巡りました。

 

ここから私の妊活が始まりました。

その時、年齢も31歳だったので、妊活をはじめて半年を過ぎた時に病院へ行こうと決意しました。

 

私は心のどこかで原因は旦那さんにあるんじゃないか。と思っていました。

なぜなら旦那さんはバツイチで子供がいなかったからです。

先生に診てもらうとすぐに子宮の中にある精子を顕微鏡で診てくれました。

そしたら精子はあり、旦那さんが原因ではなかったのです!

その時、私はすごくうれしかったのを覚えています。

これで妊娠できると確信をもらった気がしました。あとはタイミングがあえばいつでも…と。

 

しかし、次の月も次の月も生理はきました。私はなぜできないのか本当に考えました。

妊娠検査薬が使える時期がくると妊娠検査薬を本当に何本かったかわかりません。

検査するのが早かったんじゃないか。とか、妊娠検査薬が99%の確率だから残りの1%の確率に当てはまってるんじゃないかと思い、先生にも相談したりしました(今となっては迷惑な患者だなぁって思います)。

生理がくれば本当に悲しかった。やっぱり私が原因なんじゃないのか落ち込んだりしました。

 

それから半年後、無事に妊娠しましたが、今から考えると仕事のストレスと妊娠しなきゃというストレスで妊娠から遠ざかっていたのだと思います。

妊娠できたのは仕事から解放された冬休みの時期でした。多分、ストレスが軽減されたのかな?と思ってます。

 

本当に赤ちゃんは授かりものだから計画的にできるものではないんだなと思いました。

妊娠中はつわりもなかったので女の子かな?なんて思い、女の子の名前ばっかり考えていましたが、4カ月くらいで男の子とわかり、一生懸命旦那さんと名前を考えました!

今はかわいいわたしそっくりの息子と育児に奮闘しています!

著者:アリス

33歳、0歳児の新米ママです!

現在、育児休暇中で育児に奮闘してます!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。