妊娠・出産・育児の情報サイト


「お腹の子にちゃんと声は届いてる」夫の優しい声かけで、そう確信した私

f:id:akasuguope04:20160525194223j:plain

私は現在妊娠8ヶ月の妊婦です。
2週に1回のペースで検診に通い、ベビちゃんもすくすく育っています。
検診の楽しみは、やはり「我が子の顔がちょっとでも見られるかなぁ〜」と期待できるエコーの時間です。
夫も「ベビちゃん大きくなっているかなぁ?」といつも楽しみにしてくれています。

しかし、なかなか思った角度でベビちゃんは写らず…
背中を向けてみたり、両手で顔を隠してみたり、はたまた暴れすぎてエコーのピントが合わなかったり…というようなことばかりです。

2週間待ちに待って「今日こそはお顔が見られるかなぁ♪」と期待する度に、「また見られなかった。残念。」という繰り返しでした。

夫に「今回もベビちゃんはお顔を見せてくれなかったー。」と話すと、「元気に育ってくれているならいいやん!」と声を掛けてくれ、お腹を撫でてくれていました。

そんな中、たまたまかもしれませんが、ある日の検診ですごい事が起きました!
その日は朝一で検診の予約をしていたので、出勤する夫と一緒に家を出て、病院の途中までを歩きました。

別れ際に「パパからも顔をみせるように言って!」と言うと、
夫は「ベビちゃん、今日は可愛いお顔を見せてねー。楽しみにしてるよー♪」とお腹をさすりながら、声を掛けてくれました。
「これで顔が見えたら凄いねぇ!」と話し、私は病院へ向かいました。

そしていつものエコーの時間、
先生が「あぁー、顔が真正面向いているね。」と一言。

夫の声かけの成果があったんだー!と感動していると、先生からもう一言。
「でもね、やたらと顔が近い!これじゃあ近づきすぎて写らない!」と続いたのです。

隠さずに堂々と正面から顔を見せてくれたのは良いのですが、ベビーの顔がお腹側に近づきすぎて顔のパーツしか見えない状態になっていました。
結局この日のエコー写真は、顔がどアップすぎて、説明を加えないと誰も顔だと認識できない写真となりました。

でも、この時に私は、お腹に居るベビちゃんに外の声はしっかりと聞こえているのだと確信しました。
胎動はママにしかわからないので、お腹で順調に育っている様子がパパには伝わりにくい部分があるかもしれません。

しかし、妊娠した時からお腹の子はパパである夫の優しい声かけと共に育っているということが、家族になる1歩目を3人で踏み出しているようで、とても感動しました。

いつでも恥ずかしがらずに、お腹を撫でながらベビちゃんへ優しく声を掛けてくれる夫の振る舞いに隠れながら涙しています。

f:id:akasuguope04:20160524135506p:plain

著者:ねぇさん♪
年齢:27歳
子どもの年齢:妊娠中

妊娠8か月のプレママです!趣味は読書と陶芸です♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。