妊娠・出産・育児の情報サイト


結婚14年目の妊娠はリスクが山積み…でもお腹にしがみついていてくれた頑固ちゃん

普通にいつも通り生理がきて終わったと思ったら、また2日して出血が始まりました。

食欲もなくて何だか調子が悪いし、顔が火照るし更年期だったらどうしようと思い、産婦人科を受診しました。

 

30代前半で不妊治療もしたのに授からず、結婚14年目での自然妊娠でした。

5w4dで妊娠判明、喜びと同時に出血のため自宅安静になりました。

 

毎日生理の始まりのような出血が続き心配でした。

7w4dで心拍が確認出来て一安心していましたが、出血は一向に止まりませんでした。

最初に通っていた病院は、出産設備がなく緊急対応出来ない病院だったため、何かあったら大変なので転院する事になりました。

 

転院先の病院で診察して貰い、母子手帳をもらって来るように言われて診察の帰りに母子手帳を貰って、外でご飯を食べ帰ろうと車に乗り込んだ時、生理の多い日に出血したような感覚がありました。

帰って確認すると、これまで以上の出血がありました。

診察をした際、生理2日目以上の出血があったら来るように言われたけど、生理2日目以上って、人によって違うだろうし比べた事ないから分からない…。

もう診察時間も終わってるし、なにより疲れていたので様子を見て横になっている事にしました。

お腹の痛みは、便秘でお腹が張ってる痛みの様で、出血の痛みではない感じでした。

 

夜、寝室でTVを見ていると何か大きな塊が出ました…えっ?どうしよう?まさか!

大量の鮮血と共に血の塊が出ていました。赤ちゃん…出ちゃった…?

泣きながら1階にいる旦那さんを呼び、「赤ちゃん出ちゃったみたい…」と言いました。

それからはしばらく、2人で抱き合って嗚咽が出るほど泣きました。

「○○のせいじゃないよ、しょうがなかったんだよ」と旦那さんは言ってくれましたが、どうして…どうして…頭の中がぐるぐる。

 

少し経って、このままでは赤ちゃんが可哀想だと思い、病院に電話をしました。

電話に出た看護師さんは、「大丈夫ですか?今から病院に来られますか?お腹が凄く痛かったりしませんか?」と優しく対応して下さり涙が止まりません。

出てしまった塊をタオルに包んでビニールに入れて持って来るように言われ、準備をして病院に向かいました。

車内では、旦那さんも私も無言で、私は涙は止まっていましたがどうして?どうして?と怒りの様な感情と落ち込みでいました。

 

病院に到着し、夜間の為インターフォンを押しました。

さっき電話した時と同じ声の看護師さんが出て、「先程電話した○○です」と言うと「歩けますか?正面玄関の鍵を開けますね」と言って鍵を開けてくれました。

 

昼間の混雑からは想像出来ないくらい暗くて静かな受付に入ると、看護師さんが落ち着かせる様な言葉を掛けて下さいましたが、涙が出てきて頭が働きません。

質問された事にかろうじて答えて、看護師さんが来て包んできたタオルを渡しました。

旦那さんは受付で待つように言われました。

 

私は診察室に入り、診察台で当直の先生が来るのを待ちます。

その間、足元で看護師さんがタオルの中身を見ますが何も言われません。

足が震えます。

どうか、違って欲しい…。

しばらくして先生が来て、看護師さんと話をして看護師さんがタオルの中身を見せますがやっぱり決定的な事は何も言われず、「診てみますね」と診察が始まりました。

 

赤ちゃんの心臓、元気に動いてますよ」

恐る恐るモニターを見ると、昼間見た時と同じくピコピコと小さい心臓が動いてました。

良かった!良かった!まだ赤ちゃん頑張ってた!!

今度は嬉し涙が止まりませんでした。

「この時期は出血する事も多く、一緒に赤ちゃんが出てくる事もありますが、心臓が動いてるので大丈夫ですよ」

 

赤ちゃんが無事だと分かり、早く旦那さんに教えたい!と思っていたら、看護師さんが

「先生、旦那さんもかなり動揺されてたのでお呼びしてもいいですか?」

と言って下さり、旦那さんも診察室で赤ちゃんの心臓が動いてるのを一緒に見ました。

 

それから旦那さんにも、この時期は出血する事も多くて一緒に赤ちゃんが出てくる事もあること、前の病院でも言われた事ですが、もしダメになってもお母さんが何かしたからではなく、元々赤ちゃんに成長する力がないこと等を説明されました。

何とか元気に成長出来ないか聞いたところ、

「先生によっては薬を出したりする人もいるけど、さっきも説明した通り元々赤ちゃんに成長する力がないとダメになるので」

と言われ、次回の診察予約日に来るように言われ、その日は帰されました。

 

その日の夜中に腹痛が…結局便秘からの下痢で、出るモノが出たらスッキリしたのですが、今では笑い話ですが、その時も鮮血が大量に出て気が気じゃありませんでした。

 

お盆中は、旦那さんも休みだったのでひたすらベッドで横になって安静にしてました。

それでも昼間は大量には出血しないものの出血は続き、毎晩大量出血。

血の塊も1つではなく、2・3個出る日が続きました。

 

結局、再度受診し、切迫流産で入院する事になりました。

と、同時に妊娠糖尿病も発覚し、インスリンと食事管理も始まりました。

 

入院中も夜中に大量出血したのに気付かず、夜用の大きなナプキンでは足りず、パジャマもシーツも赤くなる程の出血をして当直の先生に診てもらう事もありましたが、10日程で無事退院。

 

安定期は文字通り安定していましたが、妊娠後期にまたも出血、切迫早産で入院しました。

手が浮腫んでも、点滴が漏れても毎日ほぼ24時間点滴、シャワーも針を留置したまま入っていました。

その上、食事管理を頑張ってもなかな血糖値が安定せず、切迫早産2週間程で退院出来ましたが、その後も子宮経管が短く自宅安静となったため、運動も出来ずコントロールが大変でした。

毎食前、食後2時間、就寝前の血糖値測定に、1日2回のインスリン。気を付けないと逆に低血糖になってしまう事もありました。

 

そんなこんなでやっと迎えた37w、まだ逆子という試練が。

帝王切開か経膣分娩にするか。

諦めきれず、可能性があるならと外回転術も試してみましたが、頑固な我が子ちゃんはビクとも動きませんでした。

 

親のエゴかなぁと思いましたが、先生の経膣分娩もトライ出来ますよとのお話に、計画予定出産で経膣分娩でトライしましたが、頑固ちゃんは子宮口全開になっても全然降りて来てくれず、結局帝王切開にまりました。

 

妊娠中、健康な妊婦さんみたいに好きなもの食べれなかったし、行きたいところにも行けなかった。

妊娠初期流産するかもと不安だったし、妊娠糖尿病と言われて、赤ちゃんに何かあったら自分のせいだと泣きました。

切迫早産で早く生まれちゃったらどうしよう、今まで努力してきたつもりだけど頑張り足りなかったからなのかな?と自分を責めました。

 

頑固ちゃんはへその緒が首に二重に巻きついて出てきました。

大量出血しても頑固にしがみついて産まれてきてくれてありがとう。

著者:ちびこ

20代前半で結婚。結婚14年目で妊娠。

妊娠初期と後期に出血で切迫流産、切迫早産を経験。妊娠初期から妊娠糖尿病と診断され、インスリン・食事管理をし、逆子の為帝王切開で無事出産。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。