妊娠・出産・育児の情報サイト


力を合わせて…と思っていたけれど、立会いやっぱりやめた! 想像と全然違った初産

f:id:akasuguedi:20160911150116p:plain

私の出産した産院では、バースプランを事前に提出します。

どのように出産したいかという希望を書くことは初産の私には難しかったのですが…夫婦協力してがんばれたらいいなと思い、血で貧血を起こす弱気な夫を説得して立会い出産をすることにしました。

 

初めての出産。

激しい陣痛が来ても、看護婦さんは慣れたもので、歩いた方がお産にいいからと廊下を歩かされました。

夫も一緒だったのですが、とうてい歩ける痛さではなくて。

なんとか手すりを伝って歩きましたが、夫の「がんばれ!」という声がうっとうしく感じるくらい辛かったです。

 

そして、本当に歩けなくなったのですが、それでもまだ分娩台に上がるには早かったらしく、畳の部屋でゴルフボールとかでさすってもらったりしていました。

もはや痛くて、夫の「がんばれ!」に反応するのもきつくなってしまい…。

 

看護婦さんを呼びまして、一言。

「もう立会いいらないです」

と絞り出して言いました。

 

夫は覚悟を決めてきたので、狐につままれた顔をしていました。

 

想像とは違い、とても会話ができる状態ではなかったですし、心配性の夫の声に答えられないと不安にさせてしまうのではないかという配慮のつもりでしたが…。

その頃駆けつけて来た実母は、「お前らしい」と分娩台に1人で 向かう姿の私を見て思ったそうです。

 

残った夫と実母は隣の部屋に。

私と助産師さんたちで分娩台のある部屋に行きました。

 

たまたま当直がバースプランを一緒に考えてくださったベテランの助産師さんだったので、正直あたふたする夫より全然安心感がありました。

助産師さんはずっと声をかけてくださいました。

夫との会話同様、あまり覚えていませんが…力んでもなかなか出てこない我が子に焦りを感じていたら、最後に、

「人に産ませてもらうんじゃなくて、自分の子なんだから自分で産むのよ!」

という言葉が胸に届きました。

そうだ、私が産まなくっちゃと強く思った瞬間。無事に対面することができました。

 

生まれてすぐ、我が子を胸においてカンガールケアができたのですが、3キロくらいなのに本当に重く感じたことを忘れません。

おそらく、預かった命の重さでもあったから、そう感じたのだと思います。

 

そして、忘れそうでしたが。

このカンガールケアの時、隣の部屋にいた夫と実母がやってきました。

 

夫はお産から録るつもりだったビデオを、今までの立会いできなかった時間を取り戻すかのように一生懸命回していました。

そして、少し驚いたのが実母が泣いていたことです。いままで母の涙を見たことがなかった私は、動揺してしまいました。その最初で最後かもしれない泣いている姿は、ビデオに収まっています。

後から夫に聞きましたが、実母は私の陣痛の声が耐えられず、隣の部屋で待つことができなかったそうです。生まれたと聞いて、夫が呼びに行ったそうです。

 

今3歳になる娘は、そんなばあばに溺愛されています

2人目の出産は、今度こそ立会いにしたいですね。