妊娠・出産・育児の情報サイト


痛みに弱い私が、陣痛中に寝る…

私は痛みに弱く、妊娠してからも、毎回内診の時は『力を抜いてー』と言われていました。採血も1度も見れなくて目をつむっていました。

そんな私が1番恐かったのが、会陰切開!!お股を切るなんて考えただけでも泣きそうで、臨月になり産院に行く度に、先生に切りたくない!と言っていました。

絶対に切りたくなかったので、オイルを指につけて会陰マッサージも35週から恐々自分でやっていました。

その日の検診で子宮口が全く開いてなかったのに、38週の時にマタニティビクスをして激しく動いたせいで、その日のうちにおしるし→次の日微弱陣痛→次の日本陣痛で入院でした…が、本陣痛もなぜか耐えれるほどでした。

なんと、自分でリュックを背負って病院に行き、ナースステーションのドアをトントン!『陣痛来てまーす!』元気過ぎる私に助産師さんも驚いて!!すぐ内診をしてもらい、子宮口も5センチも開いていました。

微弱陣痛で2日間寝不足だったので、そのあとなんと、陣痛室で爆睡…陣痛は7分、5分、2分…と短くなるも、睡魔が勝っていたので爆睡…破水してやっと起きました!

寝ぼけながら分娩室へ!落ち着いていて、『何回いきんだら出てきますか?』や『次の陣痛でいきんでいいですか?』など、普通に会話をしながら出産に挑みました。

3回ぐらいいきんだ時に、医者に『会陰切開しないと赤ちゃん苦しんでるから切っていい?』と…ついにキターーーー!と思いましたが、早く産んで出して終わりたい気持ちが勝ったので、『切ってください』と….医者も陣痛に合わせて→麻酔の注射→次の陣痛会陰切開!と痛みに合わせてくれたので、切る音は聞こえたけど、切ってすぐドロンっと赤ちゃんぎ出て来たのでよかったです!

私は赤ちゃん出て来て感動ーーというよりは、『あーやっと終わったぁー』って言葉に出すほどホッとしました!

陣痛室に入って45分ぐらいの出来事でした!

 

会陰切開…痛みというより、カラダの他の箇所が大変で、それほど大きな問題ではなかったです!

しかも裂けた所もあり、縫ってもらいましたが、チクチクって感じで、全然私でも耐えられました!

 

出産はリラックスが1番です!!寝る!

著者:しゅがー

一児のママです!

子育ては産まれて1ヶ月はしんどかったけど、その後は本当に毎日楽しくて、ストレスフリーです!!

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。