妊娠・出産・育児の情報サイト


「産まれ順で損をしてきた」と思う私が、2人兄弟の母に。過去の自分とも向き合う育児

f:id:akasuguedi:20160908152905p:plain

私は二人姉弟の姉として育ちました。

幼少期の頃から、ずっと弟の方が可愛がられていました。弟が欲しいと言えば何でも買い与えられ、大学入学時も私には「短大もしくは家から通える国立大のみ」と条件を出されたのに、弟は「男だから」という理由で家を出て私立大へ。学生時代の仕送りの金額も、私がバイトをしてやりくりしていたのがバカバカしくなる金額でした。

そんな積み重ねをずっと許せないと思っていました。

成人した今、弟との交流はほぼありません。

 

結婚し、2013年に長男に恵まれ、昨年8月に次男が産まれました。

正直、同性の兄弟でホッとしました。

もし男女の姉弟で産まれて、子供たちを結局また私と同じような目に遭わせてしまったらと思うとすごく怖かったからです。

次男を妊娠中も「平等に育てる、お兄ちゃんだからは言わない」などと考えていました。

そして、次男妊娠にあたり実母が「とにかく上の子を優先してあげて」としきりにアドバイスしてくることにイライラしてしました。

私に対して、優先してくれたことがあったのかと。

 

しかし、出産3日目にしてわたしは長男を傷付けてしまいました。

産後、おっぱいが張って乳首も痛むようになってしまったのですが、長男がベッドに乗ってきた時に手が胸に触ってしまいました。

激痛に思わず手をはねのけ、「痛いから触らないでね!」と言ってしまいました。

その時の悲しそうな長男の顔は忘れられません。

泣きはしませんでしたが、「赤ちゃんは良くて僕はダメなの?」と書いてありました。

私も泣きそうになりました。

「産まれ順で損をしてきた」とずっと思ってきたからこそ、長男を大事にしようと思っていたのに、こんなにすぐに傷付けてしまったと。

好き好んで長男として産まれてきた訳ではない。

親の勝手な都合で、「お兄ちゃん」になってしまっただけなのに…。

私自身が親に対してずっと思ってきたことでした。

長男を抱きしめ、改めて胸が張って痛い事情を説明しました。

長男も3歳児特有の「なんで?なんで?」を繰り返しながら聞いてくれました。

 

翌日、3人子持ちの先輩ママが言っていた話を思い出しました。

先輩ママは赤ちゃんの授乳中に上の子がその様子を伺っている時には、上の子にも「おっぱい飲んでみる?」と聞いてみるそうです。

卒乳してしばらく経っていても、改めて飲んでみて「自分には要らないもの」と納得したり、そもそも要らないと言われたり様々なのだそうです。

 

私も試してみました。

赤ちゃんがおっぱいを飲んでいるところを頭を支えて補助してくれる長男に「おっぱい飲んでみる?」と聞いてみました。

おっぱいと赤ちゃん、そして私をチラチラとみる長男。

それからちょっと恥ずかしそうに「要らないよ!」と言いました。

でも、長男は嬉しそうにも見えました。

「一方的に受け入れないのではなく、選んで貰う」これは大事なことなんだなと思いました。

 

私の子育てはまだ始まったばかりです。

自分の育った境遇は変えられませんが、きっと人よりも長男の気持ちは分かるはずです。

幸いにも夫はゴーイングマイウェイな次男。

次男の気持ちもフォロー出来るはずです。

先輩ママからアドバイスをもらうことも出来ます。

 

そして、実母。

産後しばらく、手伝いに通ってくれました。仕事のシフトも都合をつけて一ヶ月休んでくれたのです。台風で電車が止まりそうな日も、帰路の心配もせず駆けつけてくれました。

ベッドに置くと愚図ってしまう次男をずっとを抱っこして、私を休ませてくれました。

決して私を大切に思っていない訳ではないんですよね。

過去の記憶がすべて帳消しになったりはしませんが、少し新たな絆が出来たように思います。

 

子供たちを育てながら、過去の自身が満たされなかった部分も満たせるように育てられたら、きっと素敵なママになれる。

そう思って前向きに頑張っていこうと思います。

著者:たかこ

35歳ただいま二度目の育児休業中です。

夫は37歳B型の最強次男。3歳とても繊細な長男と一ヶ月飼育中のどじょうと暮らしています。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。