妊娠・出産・育児の情報サイト


苦労した体重管理

妊娠後期に入ってから初めて、体重管理の大変さを実感しました。妊娠初期の時に、+10kgまでに抑えるよう言われていたものの妊娠9ヶ月に入り、既に妊娠前と比べて+10kg。。

普段から積極的に身体を動かす方では無かったので、産院の先生から「これ以上体重増えちゃうと難産になるから、ウォーキング2時間頑張ってね」と言われてしまった時は、少し悩んだり、食べる事に対してストレスを感じるようにもなってしまいました。

でも、ストレスは赤ちゃんにとって大敵。。元々食べることが大好きな私には食べる事を我慢するのは不可能だったので、朝ご飯は普段通りモリモリ食べ、昼食は朝ご飯よりは控えめに。昼食後少し身体を休めてからウォーキングに2時間ほど(休憩を挟みながら)出掛けるようにしました。家の周辺や近隣の公園、ショッピングモールでお店を見ながら歩き回ったりして、日々違うコースで、できるだけ楽しめるウォーキングを心掛けました。夕食は炭水化物をできるだけ少なくし、おかずは普段通り食べました。

という感じで、食べることはなるべく我慢せずに、とにかく歩く!を意識すると、少しずつ体重増加ペースが緩やかになっていき、産院の先生からも「ウォーキングは安産対策にも一番効果的!頑張ってね!」と褒めてもらうことができました。

雨でウォーキングに出られない日は、動画サイトで見つけたマタニティヨガやストレッチをやってみたり、好きな音楽を掛けながら家の掃除をいつもより丁寧にやる(四つん這いで雑巾掛け等)など、毎日工夫しながら身体を動かしました。

身体が疲れている時や気分が優れない時以外は出来るだけ外に出て、無理のない範囲で身体を動かすことを心掛けるだけでも違うと思います!私はそんな風にして妊娠後期を乗り越えました。

著者:mg

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。