妊娠・出産・育児の情報サイト


高齢で崖っぷち、心音に感動!!

再婚したのが41歳で、年齢的に自然妊娠はかなり難しいので、すぐに不妊治療の病院へ。治療過程で、主人の精子に問題があり顕微授精での治療に。主人が協力的だったのて助かりました。年齢的にかなり焦っていて、時間だけが過ぎていくのがストレスになった時もありました。

移植まで7ヶ月掛かり待ちに待った移植へ。5週目で胎嚢は確認されましたが、先生から血液検査の数値が低いとの話でした。妊娠継続は難しいかもしれないと…やっぱり無理かと落ち込んでしまいました。

落ち込んでた時に、41歳で出産した知り合いに連絡を取りました。すると、生命力を信じなよ!!まだ、流産するとは決まってない、信じなきゃ!と。その時から、生命力を信じよう、ポジティブに考えようと自分に言い聞かせました。たまひよとか見ませんでした。気持ちが辛くなってしまうから。1日1日が長く感じましたが、信じていました。7週目に病院受診へ。

内診台にて診察を受けると、胎嚢が大きくなっていた。

先生から心拍確認できるよ!と心音を聞かせてくれました。あんなに小さいのに、ドクドクと音がハッキリ聞こえ感動して涙が流れました。私のお腹に命があるんだと。

信じられない気持ちと嬉しさで幸せな気持ちを感じることができました。この、ほんわかするような幸せな気持ち初めてでした。まだ、安心はできないですか生命力を信じようと思います。この歳でも、妊娠ができる可能性は有るので40代の方も諦めず頑張って欲しいです。

 

著者:MOMO

41歳で崖っぷちだけど諦めず不妊治療しました。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。