妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠6週目のはずなのに

生理がなかなか来ず、前回の生理から5週目で妊娠検査薬を使用。結果は陽性。とても嬉しくて夫婦2人で喜びました。その日はいとこ達とディズニー旅行に行く日だったので余計に楽しめました。

そして次の週、6週目の計算で病院に行きました。先生の「妊娠してるねー」の言葉を聞いてウキウキしながら診察室に戻ると「6週目にしては大きさが小さい。排卵日が遅れただけかもしれないけどもしかしたら流産かもしれないね。また1週間後来て」と。一瞬の出来事で淡々と喋る先生が何を言ってるのか理解できませんでした。

次の検診まで1週間、もしかしたらと考え泣いてばかりの日々でした。長い1週間を乗り越えて検診に行くと「順調に育ってるから排卵日が遅れてただけだね」との事。言葉では表せられない安心感でした。排卵日が遅れるなんて聞いたことも無く、初めての妊娠だった私はとても戸惑いました。

天国から地獄に落とされたような気分で、最初は突き放されたような言い方に聞こえた先生も今は相談事に嫌な顔せずゆっくり説明してくれます。このまま無事に産まれてくることを願います。

著者:りりり

初めての妊婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。