妊娠・出産・育児の情報サイト


初産よりきつかった第二子出産

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私の初産は40週5日で陣痛時間も13時間、出血も少なく、平均的でした。痛みに弱く、注射さえ大嫌いな私ですが、終わってみればあっという間で我が子に会いたい気持ちが上回っていました。

2年経ち、二度目の出産。『産道ができているし、陣痛時間も短いはず。一回耐えたんだからきっと余裕!』なんて軽く考えていました。

40週1日、夜中2時ごろに定期的な痛みが始まったが、こんな痛みはまだ序の口。上の子も寝てるのを起こすのはかわいそうだし、明け方病院へ行くつもりでいました。が、主人の方が経産婦は早めに病院へという知識から焦ってしまい、結局子供を実家に預け、3時には病院にいました。

7時ぐらいまでは話したり仮眠したり余裕でしたが、8時ごろに急に痛みが。きたきたきた!と覚悟を決めて耐えながらも、助産師さんに、『このペースだと10時には産めそうね』と言われてテンションがかなりあがりました!あと2時間で?!あっという間!よしっ頑張れる!と気合をいれ、ひたすらゆっくり呼吸をしていました。ところが10時をすぎてもなかなか子宮口が開かずにただ強い痛みが2分間隔。8.5センチぐらいで止まってしまったよう。

分娩台に乗れば早まるかもしれないから分娩台に移動できる?と言われるがまま移動することになりました。上を向いて足を広げたままいきみ逃しをすること1時間、、本当にきつかったです。ほぼ10センチ開いてるんだけど、一部がひっかかったように9センチのままだからもうちょっと我慢してねと言われ、一旦横向きにならせてもらうことになりました。

まだいきみ逃しが続く中、子宮口9センチ開いたまま歩いてきた経産婦さんが隣の分娩台に連れてこられ、バタバタと先生が上がってきて、私の周りにいた助産師さんがいっぺんにいなくなり、耐えるような声が聞こえてきた。と思ったら、赤ちゃんの産声が!『えーーー?私より後にきたのにあっという間に産んでる。。。』心が折れそうになりました。

12時半ごろについに全開、切開した方が早いのなら切ってくれ状態だったのでそうお願いし、1時に無事に出産しました。股を切るなんてとんでもない!!という考えでしたが、第一子のときに信じられないくらい全く痛くなかったので、切ることに抵抗はなくなっていました。

 

二度目の出産は、子宮口8センチからのいきみ逃しの時間が第一子のときよりも長く3時間ぐらいでしたので、想像以上にきつかったです。でも、第一子でも二子でも三子でも、楽な出産なんてないですよね。痛みに弱い私でも産めたので、この世の女性みんなも絶対大丈夫です。出産はこわいはずなのに、40週が近づくと、早く陣痛きて!と思うはずです。かわいい我が子に会えるのですから!

 

著者:Yuuuuuka

年子兄弟のママです

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。