妊娠・出産・育児の情報サイト


胎教に稲川淳二、若大将…!?好きなものを選んだらこうなった、高齢夫婦のカオスな胎教 by もづこ

妊娠中、いつものようにお気に入りの怪談朗読を聴いていたら夫に突然たしなめられました。

f:id:akasuguedi:20161027210354j:plain

f:id:akasuguedi:20161027210408j:plain

ーーとまぁ、47歳と40歳の高齢夫婦のチョイスは胎教音楽にはややシブ過ぎるということでいろいろ話し合った結果やはり無難な…じゃなくて、理想的なクラシックにすることになりました。

f:id:akasuguedi:20161027210416j:plain

 最初の頃こそクラシックを楽しんでいましたが、二人とも次第に飽きはじめ…

f:id:akasuguedi:20161027210426j:plain

 

f:id:akasuguedi:20161027210439j:plain

加減を知らなかった私たちは飽きているにもかかわらず数日間延々とクラシックを流し続け、やがて夫は襖一枚隔てた隣の部屋で加山雄三を、私はボリューム最小で稲川淳二のDVDを観つつ部屋にはクラシックが流れ続けている…というカオスな状態になってしまいました。


結局、その胎教(のようなもの)は数日で中止、今まで通りに好きなものを好きな時に聴くようになりました。(怪談はさすがに控えるようにしましたが…)

胎教”はママがリラックスするためのものでもあるわけで、どんなにいい曲でも自分が楽しんでなきゃ赤ちゃんだって楽しくないですよね!

 

>>>次回のエピソード:「言いたい、けど言えない…」不安が先立つ、40歳での妊娠報告タイミング。ついに言ったきっかけは…

f:id:akasuguedi:20160801135847j:plain

 著者:もづこ

年齢:42歳 
子どもの年齢:1歳10ヶ月

40歳にして娘を出産。育児メモがわりにtwitterを始めたらハマってしまい、ブログまで始めてしまいました。娘とのなんてことない日常をチマチマと更新中。

ブログ: むすめ雑記帳 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。