妊娠・出産・育児の情報サイト


痛みを感じなければ愛せない…なんて絶対ない!私が計画無痛分娩を選んだ理由 by ユーラシア

f:id:akasuguedi:20170111105823p:plain

こんにちは、ユーラシアです。

妊娠が分かってから、私がずっと恐怖を感じていたことーー
それは、出産の痛みです。

出産を「鼻の穴からスイカ」「ハンマーで骨盤を叩き割られる」など例えることがありますよね。
私は当時ただでさえつわりで毎日ギリギリ生きていたので、このうえ出産に怯えながら過ごしたくないという思いがあり、色々模索して辿り着いたのが、無痛分娩でした。

 

無痛・和痛分娩……字面からその素晴らしさが伝わってきます。痛みの無い分娩ーー!

それは麻酔を打つことで痛みをなくす、あるいは和らげる分娩方法でした。

無痛と和痛の違いについて明確な定義はないそうで、
麻酔を打ってから陣痛促進剤を使って分娩に進む完全無痛分娩や、
痛みのピークの際に少し麻酔を使う和痛など、病院によって様々です。

また病院にもよるようですが、無痛分娩の場合、麻酔を専門的に扱える医師の手が必要なため、基本は計画分娩になります。

私の産院でも、もし麻酔科医がいない時に陣痛が来てしまったら諦めて、と言われました。
絶対に無痛分娩で産みたいという場合は、24時間麻酔対応が可能な病院を選ぶか、予定日よりも早い日程で計画出産を行う必要があるようです。

 

私の通っていた病院は無痛分娩を行っているという情報はなかったのですが、「無痛分娩って、やってないですよね……?」とダメ元で聞いてみると、なんと希望者には麻酔を打ってくれるという事実が分かりました。
あまり推奨はしていないのでウェブサイトにも載せていないし、聞かれない限り病院側から案内はしない方針だったそう。

ただし完全無痛ではなく、「和痛だから、麻酔は少しだけだよ。痛みが半分になればいいくらいかな」との説明でした。

助産師さんからは「うちはそんなに積極的に麻酔は打たないから、実際には痛みの2~3割程度しかカットできないと思うよ。痛くないんだ、なんて、期待しすぎないでね」と釘を刺されたほど。

実際どのくらい痛いのか未知の世界でしたが、少しでも楽になるなら助かります!とお願いしたのでした。

 

しかし、よく「お腹を痛めて産んだ我が子」という表現があるように、母親は出産の痛みを乗り越えることで母性を獲得すると言う人もいます。

私も無痛分娩を希望している旨を明かしたところ、大半の人に「子供を産むのに、麻酔なんて」と眉をひそめられました。「あの痛みがあるからこそ、子供を愛せる」という話までされました。

そんな状況で、無痛分娩にするか、内心ギリギリまで悩みました。

たくさんの人が自然分娩で産んでいるのに、「痛いのが怖いから」なんて理由で
「逃げて」いいんだろうか?と。そんなことで、これから子供を育てていけるんだろうか、私には覚悟が足りないのか、とも思いました。

 

確かに、出産時の痛みを「無駄な痛み」だとは思いません。
みんな無痛にしちゃえばいいのに~とも特に思わないです。
敢えて痛みを感じることを選ぶ人だっているだろうし、自然分娩で痛みを感じて産んだ全ての母親を私は尊敬します。(もちろん、帝王切開や無痛で産んだ方のことだって)。

でも「痛みを感じなければ愛せない」というのは眉唾ですよね。

子供を産んだ後、どんな感情を持つかは妊娠中の私には想像できなかったけど、「痛くなかったから可愛くない」なんてことになるとは到底思えませんでした。

だってお腹の中にいて、まだ性別も顔も分からない、ただの細胞みたいな胎児のことを既にこんなに大事に思っているんだから。

そのころ病院で先生に「今赤ちゃんはどんな状態ですか?」と聞いたら、「まだ全然……肉団子みたいな感じだよ」と言われましたが、そんな肉団子を私はもう自分よりも大切に思っていました。

だからきっと大丈夫だと思ったんです。

 

そういうわけで、私は計画無痛分娩を希望しました。
分娩が結局どういう感じだったかはまた機会があれば改めて書かせて頂きたいのですが、自然分娩にしなかったことへの後悔は今のところありません。

 

分娩方法に限らず、妊娠や出産・育児では、何かと「過程(親がどんな道を選んだか)」を周囲から問題にされることが多くある気がします。母乳かミルクか、専業主婦かワーキングマザーか、などが良い例ですよね。

でも大事なのはそこではない、というのは妊娠中・育児中の当事者達が一番分かってると思います。

無痛分娩でも自然分娩でも帝王切開でもいいし、何なら本当に鼻の穴から産んでみたっていいはずです(母子共に無事に産めるなら、ですが……)。

遠い未来、背中を切開して出産とか、脇の下から産む分娩法なんてのも出てくるかもしれません。
私は海でホエールウォッチングしながら産んだわよ! 私は宇宙遊泳よ!という日も来るかもしれないんだから、

今の時代の女性達が分娩方法で悩んだり引け目を感じることはないということを、私は強く言いたいです。

次回エピソード>>早生まれってかわいそう?周囲の早生まれの人にリサーチしてわかったこと by ユーラシア

f:id:akasuguedi:20160913055405p:plain

著者:ユーラシア
年齢:30歳
子どもの年齢:1歳5ヶ月

2015年4月に男児を出産。割とテキトーに育児しているオタクでナマケモノな専業主婦です。思いもよらなかった子供の可愛さ奥深さに驚く毎日の中、老後の楽しみにと育児に関する絵や文章をちまちま描いています。息子はいつも親指を吸っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。