妊娠・出産・育児の情報サイト


産婦人科といっても色々!

私の場合は、結婚で他県から引っ越してすぐの妊娠だったため産婦人科選びにとても苦労しました。すぐに子供を授かると思ってなかったので、新居に選んだ場所は近くに病院のない住宅街…

なるべく家から近くの産婦人科を、とは思いましたが古い病院や評判の悪い病院は怖かったので、ネットで口コミを調べて、少し遠いけど良さそうな産婦人科に通うことに。

確かに設備も良く、優しい先生ばかりでしたがこれが予約しても混みまくり…

予約時間から1、2時間過ぎることもザラでした。

ようやく呼ばれた!と思いきや、診察室の前まで移動してまた呼ばれるまで30分ほど待ち…とにかく診察までがもどかしかったです。

混み合うというのはそれだけ人気なのでしょうが、つわりが酷い時期に長時間の待ちは辛かったです。周りにいた付き添いの旦那さんや子供さんも疲れてましたね。

 

妊娠中期に入り、旦那さんの転勤でまたもや引っ越すことになったので今度は産婦人科を事前にチェックすることが出来ました。妊娠中に引っ越すと、検診補助券の変更手続きに役場に行ったり次の産婦人科に紹介状書いてもらったり(5000円かかりました)

何かと大変でした…

次の産婦人科もキレイな所でしたが、予約患者は午後と時間が区切られているので前よりスムーズに受診できました。

ですが、前の病院では無料でしてくれた4Dエコーが有料だったり、新たに作ってもらった出産計画表の内容が違っていたりと

産婦人科によってシステムが全然違うことにビックリ。

ただ、こちらでは4Dの録画をしてSDカードで渡してくれるので(有料ですが)普段いっしょにエコーを見れない旦那さんや母に見せられるのはいいなと思いました。

出産自体は里帰りでまた別の産婦人科にお世話になりますが、里帰りの時も補助券が使えるかどうか、いつまでに受診すればいいかなど確認することが沢山。

大切な赤ちゃんの為ですし、妊娠が分かった時点で色々と調べておけばよかった~と後悔しています。

著者:MICO

30代の初マタです(^_^)妊娠の心構えがなかったのでとにかくバタバタの毎日…

辛かったつわりをようやく乗り越えて、今は増えまくる体重と奮闘中です。

役場でもらった「赤ちゃんがいます」シールって、どこに貼るんでしょうね…?

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。