妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛促進剤点滴から吸引分娩

診察の時の先生の指の刺激で、家に帰ったら陣痛がきました。

それから病院に行き観察室で一晩陣痛に耐えたのに、朝、陣痛が止まってしまいました。

まだ予定日の2週間前だから、そのまま帰っても産んで帰ってもどっちでもいいと言われましたが、陣痛に耐えてる間にスピード出産されてる方の声が聞こえて、自分もどうしても赤ちゃんに会いたくなって、「陣痛促進剤点滴をして産んで帰ります」と産む決意をしました。

 

朝の9時から3時間の点滴、6回の注射、バルーンもしてまだ余裕でしたが、点滴30分後、急に激しい陣痛が来て、更に30分後子宮口が10センチになり分娩台に上がりました。

赤ちゃんの頭が出てきた時、へその緒が赤ちゃんの首に二周回っていて赤ちゃんの命が危ないので先生に吸引してもらい、助産師さんにお腹を押してもらい10分もかからず赤ちゃんが産まれました。

赤ちゃんの顔は真っ青でしたが、大きな声で泣いてくれて元気な赤ちゃんで、数時間後には赤ちゃんの顔色も血色良くなって本当に良かったです。

 

あらゆる手段を使った難産でしたが、こんな私でも元気な赤ちゃんを産むことができました。

出産は人それぞれだけど、自分に合った形でちゃんと終えることができるんだなと思いました。

 

一生懸命生まれてきてくれた可愛い娘、育児が大変なときは生まれてきてくれた日のことを思い出して、今娘の側にいられるだけでも有り難いと思えます。

私は未婚のシングルマザーですが、今よく食べてよく寝て元気いっぱいに育ってくれてるこの娘との時間を大切にして、幸せな人生を送ろうと思います。

著者:ティンク

未婚のシングルマザーですが、一生懸命子育てしてます。よろしくお願いします。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。