妊娠・出産・育児の情報サイト


まさかの吸引分娩!

出産予定日に陣痛が来なかったらバルーンを入れる事になりました。予定日に陣痛がなく、その日の夜19時に入院する事に。

着いてすぐバルーンをいれ、水を60ccいれて膨らまして固定して、そのまま朝まで。

 

バルーンを入れた刺激で産まれるかも!と期待していたのですが、結局その日は前駆陣痛のみ。

張りと緊張で夜中まで眠れずで、朝の7時には誘発剤を入れました。

お産部屋で朝ごはんは普通に食べ、テレビを見ながら陣痛が来るのを待っていました。

 

陣痛が来たのは午前11時過ぎ頃。

3分おきの陣痛でお昼はほとんど食べられませんでした。

助産師さんには体力勝負だから、なるべく頑張って食べてねと言われたのですが辛かった。

お腹の張りとお尻のあたりの激痛の繰り返しで飲み物も飲む余裕もなくなりました。

腰とお尻のあたりを押し続けてくれた助産師さんに本当に感謝!そしてテニスボール役立つ!あと腰が激痛なので貸してもらったゆたんぽが大活躍でした。

 

午後8時過ぎても出て来ない…髪の毛見えてますよ~って言われてから、数時間経っていました。

母子ともに体力が落ちて来たので、先生の判断で急遽吸引分娩をすることになりました。

麻酔をしてから会陰切開だったので痛みはなく、チョキチョキと言う音だけが部屋に響く。

先生があかちゃんの頭を引っ張る器具をいれ、お腹を助産師さんが上から押し、頭を主人が支えるという3人体制で臨みました。

少し引っ張られた後、あとは自力で!と言われていきむと、お尻のあたりの激痛の後、赤ちゃん誕生!

10時間かかってやっと女の子が産まれました。

 

その後また麻酔をしてから、溶ける糸で縫われました。

疲れ過ぎて夕飯は全く食べられず。

次の日は全身筋肉痛とお尻の痛みで寝返りも打てないほどで、3日ほどは痛みとの戦いでした。

 

退院後も数日はお尻の痛みと違和感が消えませんでした。

でもこの痛みを乗り越えたからこそ、子供に出会えました。

主人は仕事が終わって駆けつけてくれ、産まれるまで3時間ほど支えてくれました。

生命の誕生や私の頑張りを目の当たりにし、立ち会って良かったと言っています。

 

出産は辛くて陣痛の最中は二度と経験したくないと思っていました。

しかし子供の顔を見ていると辛さも薄れ、2人目も欲しいなと思うのが不思議です。

健康に産まれて本当に良かったと思います。

著者:ぽんず

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。