妊娠・出産・育児の情報サイト


私の初出産

臨月に入りまだかなまだかなと待ちながら陣痛ジンクスもたくさんして、赤ちゃんが出てくるのを待っていました。

切迫早産と言われていて自宅安静だったので、早く生まれてくるんだろうなと思っていました。

 

しかし気付けば予定日。

そして40w3dの検診の時、このまま陣痛がこないようなら促進剤を使おうという話になっていましたが、検診中前駆陣痛がきていて今日明日生まれるかもねとも言われていました。

なのでたくさん歩きました。

 

その夜、トイレで目覚めた時生理痛のような痛みがあったのですが、気にせず寝てまた3時頃にも同じような痛みがあったので、次起きた時に間隔を測ろうと思い寝ました。

そして5時頃起き、測ったら5分間隔だったのでしばらく様子を見て9時頃病院に行きました!

 

そこからは機械をつけながら待っていたのですが、中々陣痛は強くならず、必死に母親と歩きました。

15時頃までは元気で笑顔でまた歩き始め、16時頃になり分娩台に上がると最高潮に痛くなり、死ぬかと思いました。

そして17時3分。無事に元気な女の子を産むことが出来ました!

 

そこからは自分のイメージとは違い、縫合、点滴など打たれ、30分後にやっと赤ちゃんを抱っこすることができました。

赤ちゃんを見たら痛みを忘れる』は嘘だという事が分かりましたが、とてもとても感動するもので、私は今シングルマザーですが産んでよかったと心から思います。

育児は中々うまくいくことも少なくとても大変ですが、いつになっても『産んでよかった』という気持ちは忘れません。

これから出産する方、不安もたくさんあると思いますが心から応援しています!

著者:なお

age19

7month girls baby

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。