妊娠・出産・育児の情報サイト


神経質なパパから質問の嵐。私もママになったばかり、分からないことだらけなのに〜!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

可愛い我が子が産まれて、今までと生活は全く変わりました。

主人はほんとうに赤ちゃんを、可愛がってくれて。私より断然子供!って。

 

主人は私より神経質で、夜泣けば、

「なんで泣くんだろう? おっぱいは足りてるの? ママは沢山食べなきゃダメだよ」

湿疹ができれば、

「なんだろう、このプツプツ。食事気をつけてる?ちゃんと消毒して触った?」

と、2人の時よりさらに細くなり、私も大仕事を終えたばかりなのに、質問責め。

 

わからないよ!はじめてだもん!

我慢ばっか!私ばっか!

と毎日、毎日イライラ

 

あんまり機嫌が悪いわたしを見かねて主人も怒ったみたいで、さっさと寝てしまう日もありました。

今まで喧嘩なくやってきたので、主人にそんな態度をとられたこともなんだか悔しくて悲しくて、自己嫌悪で何度も泣きました。

そんな時は私の腕の中で息子がぱっちり目を開けて、ジィーと私を不思議そうに見つめて泣かずにいてくれました。

なんだか慰められてる気がしました。

 

息子のためにもこのままじゃダメだ!

変わらなきゃ!と。

 

主人とちゃんと話しをして、子供と一緒なのが辛い時もあること、まだ沢山いわれてもいっぱいいっぱいなことを伝えました。

そしたら、

「ママはどんどん先にママになってっちゃうから、焦ったよ」

と。

主人だって、はじめて。

ただ単純な疑問でも、私はピリピリして嫌味に聞こえてしまって怒って。

お互い分かってるようで、話さないと伝わらないことがあるな、ちゃんとこれまで以上に沢山話していこうね。

 

家族になると守るべきものが増えて、ママは強くなる。

だけど、時にはパパに甘えたり寄り添ってそっと力を抜いたら、楽になる。

パパも、頼りにされたら嬉しいなー。って思ってるとおもいます。

 

思いやりを大切にして、家族の絆を守っていこう。

喧嘩もしたけど、必要なことだったんだなと、感じています。

 

著者:ぴよ

0歳児3歳児ママ。

わーママ 育休中。

育休は存分楽しもうと

0円レジャー、節約、頑張ってます。

引き寄せにはまり、小さなことなら引き寄せられます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。