妊娠・出産・育児の情報サイト


何をしていいかわからず、ひたすら腰をさすっていた。夫から見た立会い出産体験記

f:id:akasuguope01:20160923201907j:plain

出産予定日の3日前、妻に陣痛が来ました。
初めての出産ということもあり、立会いを希望していたので、仕事を切り上げて妻の入院している病院へと急ぎました。
到着時、陣痛の間隔は短いのですが、痛みはあまり無いようで、妻は分娩室前のベッドで横たわっている状態。
仕切りの向こうからは、先生方と、他の方の痛みに耐える声が聞こえてきて、自分も緊張していました。

到着から3時間程で妻の陣痛も激しくなってきて、分娩室へと移動しました。
立会い出産を希望したものの、男の自分は何をしていいか分からず、ひたすら腰をさすり隣に座っていました。
妻は分娩台で必死に、痛みに耐えていたのですが、なぜか赤ちゃんの心音を計測する機械がしきりに鳴っていました。
そのたびに看護師さんが様子を見に来るのですが、何度目かの時「赤ちゃんに、へその緒が巻き付いているかもしれないね」と言われました。
さらに続けて「お母さんが痛がるたびに心拍が止まっているから、なるべく痛がらないでね」とも・・・。
隣で聞いている、自分がパニックになりました。
「痛がらないでね」と言われても、妻は間違いなく痛いだろうし、そもそも心音が度々止まっているってことは、脳に酸素が行かないのでは・・・。
色々な考えが頭を駆けめぐって、赤ちゃんが無事に産まれるのかと、非常にぞっとしました。

ですが、「母は強し」なのでしょうか。

妻は必死に痛みに耐え、いきまないように努力していました。妻は頸部を強く押し込むと痛みが和らぐそうで、私も力の限り押し込みながら、付き添っていました。
すると、徐々に心拍を計測する機械の警告音が減っていったのです。

4時間程、そんな状態を続けていました。
けれど、妻は痛みが段々増してきたようで、いきみも我慢できない状態に。
その時にはもう機械の警告音は鳴らなくなっていました。
看護師さんが様子を見に来て「巻き付いてたへその緒が外れたのかもしれないね。もう、いきんでも大丈夫!」と言い、やっといきむことが許されました。
その言葉を聞いてようやく自分も一安心。

さて、ここから本気でいきめるということで、必死にいきもうとする妻だったのですが・・・。

長く我慢したせいなのか、逆に上手くいきめないという結果に・・・。

頭が見えている状態になっているのですが、上手くいきめず、吸引分娩へと切り替わりました。
しばらくすると、赤ちゃんが元気な泣き声を響かせて、産まれてきてくれました。
27時間の長時間出産。元気な赤ちゃんでした。
初めての出産で長い時間ドキドキしましたが、元気に産まれてきてくれて良かったです。

著者:Norihito
年齢:34歳
子どもの年齢:3歳10ヶ月

父として、旦那として経験してきた出産や、子育ての事を書いていければと思っております。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。