妊娠・出産・育児の情報サイト


あの幸せな時間とひきかえに、見えてきた息子の成長。断乳を乗り越えた3日間

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

一歳4カ月で断乳を決めました。

季節の変わり目をさけること、授乳回数を徐々に減らすこと、主人が協力できる日を選ぶこと、離乳食で栄養をとれてること、を意識し、一歳頃から準備をしました。そして断乳開始3日前からは夜の添い乳をやめて、トントンや抱っこで寝かしつけることを実践し、昼の一回の授乳だけに。

 

もうこの表情を見られないのか~と思うととっても寂しく、本当に幸せな時間だったのだと実感しました。

1年4カ月。思い返せば、

夜の寒い中何回も起きての授乳に心が折れそうになったこと、

眠気に負け服がめくれたまま寝ていたこと、

歯医者で麻酔し授乳できないからガチガチの胸を搾乳し捨てたこと、

子供の風邪がうつりフラフラな中で必死に授乳に起きたこと…。

どれもその時は大変だったけれども、今思うととても良い思い出です。

 

断乳して1日目。夕方眠くなったり甘えたくなると、服をめくってきてマンマと欲しがりました。その姿が愛おしく切なく、あげてしまおうと思いましたが、一度やめたのにあげてしまうと子供が混乱すると聞いていたので、心を鬼にし絵本や遊びで気を紛らわし、体をさすったりとスキンシップを沢山とりました。

夜は夜泣きしましたが、背中をさすったり、主人にあやしてもらうことで子供もあきらめやすくなり、1時間ほど泣き寝てくれました。

 

2日目、また夕方欲しがるので、サイトでみた方法で、胸に絆創膏をはり、そこに可愛い顔を書き、服をめくってきたら『パイパイなくなっちゃったよ!バイバイだよー』って見せました。

子供は初めは驚いたけど笑いながら眺めていました。気にするたび、何度も見せてあげました。

夜はやはり夜泣きし、主人にあやしてもらい乗り切りました。

 

3日目。絆創膏作戦でめくるたびに見せると、にやっとし、離れていくようになりました。

この日、夜泣きは1番ひどく3時間泣きつづけました。

服をめくってきて口をあける息子に我慢させてることが本当に辛くて、私も泣きました。このタイミングでの断乳が間違いだったかもとも思いました。息子に申し訳なく思いました。

 

でも4日目になると、胸付近を見るけれど、『パイパイバイバイだよね?』と言うと、不思議と、服をめくらずにすぐにあきらめて離れていくようになりました。

夜も夜泣きを2〜3回していたのがぱったりなくなり、ぐっすり寝るし、食への興味も強くなりました。そして甘えんぼうになり、一緒に沢山遊びたがるようになりました。

あの幸せな時間がなくなるのは寂しかったけど、息子の成長がみるみる見え、私たちにはこのタイミングでよかったのだとおもえるようになりました。

 

断乳卒乳、決断の時期は仕事復帰や止むを得ない事情がなければ、ママと赤ちゃんが納得できるタイミングで行うことがママにも赤ちゃんにも負担が少ないのかなと思いました。

私は少し息子に無理させてしまったので…。

皆さんは良いタイミングが見つかると良いですね!

著者:あゆモモ

はじめまして!30歳で初産で、息子を授かりました^ - ^毎日のんびり息子との生活を楽しんでいます!

いまは変顔にはまっている、息子です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。