妊娠・出産・育児の情報サイト


「突発性発疹」またの名を「不機嫌病」。熱が下がっても常に抱っこで翻弄されっぱなし!

f:id:akasuguope01:20160929000310j:plain

突発性発疹は「赤ちゃんの初めての発熱はこの病気」と言われ、かかる人の90パーセントは1歳までに罹るそうです。
うちの娘が4ヶ月のときに39度の熱を出し、病院に行くとそのような説明をされました。熱とともに体に発疹もあったので、突発性発疹はそれでもう済んだのかと思っていました。

それが1歳5ヶ月のとき、昼間ずっと元気で普段と同じようにしていた娘を寝かしつけたときに、体が熱いことに気がつきました。熱を計ると39.7度!
次の朝も同じくらいの体温だったのですが、いつもと同じように食欲はあるし、いつもと同じように遊んでいました。病院に連れて行こうかとも思いましたが、外は暴風雨。元気そうにみえる娘を病院に連れて行くのが億劫で、様子をみることにしました。

熱が高いので熱性けいれんにならないか心配で座薬は用意していたのですが、相変わらず機嫌がよく、体の状態も悪くならなかったのでそのまま何もせずに過ごしました。

39度くらいの高熱が昼間は少し下がるけど夕方にはまた上がる、というのが3日続き、さすがに心配になったので明日の朝にでも病院に行こうと思った翌朝、熱はすっかり下がっていました。それと同時になぜか、食欲がなくなりました。
熱が下がったので保育所に連れて行ったのですが、少し心配で早めに迎えに行きました。
保育所ではいつもと同じように過ごしていたそうですが、家に帰ると、なぜか機嫌が悪い。
オムツを替えるときにお腹に細かな発疹があり、この時はじめて、2度目の突発性発疹だったということに気がつきました。

体のブツブツは少しずつ全身に広がっていきました。始めはお腹と背中にあったのですが、次の日は腕のほうにも少し発疹が出ていました。ブツブツ自体は痒がっているようではありませんでした。ただ、なぜか機嫌が悪いのです。
熱が下がると機嫌が悪くなる、と聞いたことはありましたがここまで機嫌が悪くなるとは思ってもいませんでした。

まず一番困るのは常に抱っこを要求してくることでした。少しでも下に降ろすと「ギャーー」と癇癪をおこしました。一度癇癪をおこすと、抱っこをしてても「ギャーー」。
少しのことで機嫌を損ねるようでもありました。「チャ(お茶)」というのでお茶を渡すと、少し飲もうとしたのですが何かが気に入らなかったようで「ギャーー」。食事も何か少しでも気に入らないものがあると「ギャーー」。
娘に振り回されて過ごしました。

友人に聞くと友人のところは熱が下がったあと3日間、この不機嫌が続いたとのことで「あと2日の我慢」と言い聞かせて過ごしましたが、2日目の夜には発疹もずいぶんとマシになり、3日目にはもう不機嫌ではなくなっていました。

高熱のときは「大丈夫だろうか」「何の病気だろう」等不安にさせ、熱が下がったあとは機嫌の悪さで親を翻弄させ、本当に大変かつ人騒がせな病気でした。

f:id:akasuguope01:20160928195856j:plain

著者:sara
年齢:39歳
子どもの年齢:7歳、4歳、1歳

7歳、4歳、1歳の娘がいます。趣味はカメラで子供達の写真を撮ることですが、最近ではカメラを向けるとポーズをとるようになってしまいました。大きくなるにつれ自然な姿が撮れなくなってきているのが残念です。どんどん成長し自立していく娘たちが頼もしくもあり、寂しくもある今日この頃です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。