妊娠・出産・育児の情報サイト


まさかの自分が!? 不妊カウンセラーの2人目不妊、仕事も生活も治療のことばかり

私は不妊治療専門の病院で看護師と不妊カウンセラーとして働いています。

子供は1人、夫とは共働きで忙しいながらも幸せで充実した毎日です。

 

第一子は結婚して2年目に、「そろそろ子供作ろっかー!」と言い出して、排卵日を狙って3ヶ月目にすぐ妊娠!

その頃はまだ不妊の仕事をしていなかったので、「子供って欲しいって思ったらすぐできるねっ」くらいの気持ちで、1人目は妊娠できました。

 

1人目を出産し、職場を変え、不妊治療の施設で働き始めました。働き出して1年で「そろそろ2人目を‥」と思いましたが、仕事が楽しく、もう1年いいかーと先延ばしにしました。

 

1年経った頃、自分のAMHを測定すると、なんと40歳相当!

ええー!!10歳以上も上の結果。

自分は大丈夫だろう‥と根拠のない自信があっただけにすごくショックを受けました。

 

不妊への知識もたっぷりの私は、ものすごく不安になり‥早速タイミングから治療を始めました。職場に迷惑をかけたくなくて、別の施設でコッソリ開始。

仕事が終わってから子供をお迎えに行って、車でおにぎりを食べさせ遠方の病院への通院。そして全く結果も出ない。自分の職場が一番施設としては充実した治療が受けられるけど‥迷惑をかけたくない。そして夜勤の多い旦那さんとのタイミングもなかなか合わせられず。

結果も出ないまま時間だけが経過し、通院にも疲弊し精神的にとても追い詰められました。

 

半年経っても妊娠しなかったので、結局、職場に治療していることを相談し、自施設での治療を開始しました。ずっとずっと言えなかった辛さと、伝えられた安心感で大泣きしながらの発表でした。

 

それから人工授精にステップアップし、何度か流産も経験。ダラダラ治療を続けても仕方ないと自分が一番わかっていたので、体外にステップアップしました。

 

この頃には治療を始めて一年半経過。

自分も不妊で悩み、仕事でも不妊一色の生活。かなり精神的に辛く、カウンセラーのくせに自分の精神が一番乱れていました。

 

今ある卵がなくなったら諦めようと決めていましたが、無事に妊娠することができました。

 

2人目不妊と言うと「1人いるからいいじゃない」と思われがちです。しかし、1人目不妊とは違った金銭的な問題や第一子との問題、通院や育児との問題など様々な問題を抱える方が多いです。

1人目の妊娠からは年齢が重なり、妊娠しにくくなっている事に加えて、生活スタイルの変化や上記のようなストレス‥‥こういったことが2人目不妊に繋がってると私は感じます。

 

今2人目不妊で悩んでいる方がいらしたら、ぜひその辛さを1人で抱えないで欲しいと思っています。

著者:ホタル

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。