妊娠・出産・育児の情報サイト


立ち会い出産〈願いをベビーは聞いている〉

一人目は朝9時の診察で「今日中に産まれるでしょう。」と言われパパに連絡。仕事を早退して14時頃病院到着。しかし既に産まれ、立ち合えなくガッカリ。

 

人から「お腹の赤ちゃんに話しかけると結構聞いている」と言われ、二人目妊娠中に実践。散歩しながらお腹に向かって「パパ立ち合いたいんだって」「なるべく薬は使わないで産みたいな」「経膣分娩ができればいいな」「退院の日、パパ休みだったら迎えに来られるね」等、希望を言っていました。

 

出産予定日の二日前の診察でこのままでは予定日を過ぎてしまいそうということで、(薬を使って)出産する日を決めることになりました。すると計画出産の予定日の前日の夜に陣痛が来始め、朝に病院へ。子宮口も開いてきていて数時間で産まれるだろうと言うことでそのまま入院に。しかし、陣痛の波があるもののあまり強くならないまま四時間経過。診察に来た先生が「だらだらしてるし薬使う?」と言った途端、痛みが増したこと増したこと。その一時間後にはビデオ撮影もバッチリの立ち合い出産が出来ました。

 

実は当日もう一人午前中に入院した人がいて「分娩室が一部屋なので出産のタイミングが近いと(パパは入室できず)立ち会い出産もできない」と先生から言われていたのです。

 

それを聞いてお腹の赤ちゃんに「出産もう一人の妊婦さんとズレるとパパ立ち合えるね」とも話しかけてみました。結果そこもうまくずれ、退院の日も主人の休みの日。パーフェクトなお産でした。

 

たくさんの配慮、ありがとう。ベビーちゃん!

元気に産まれてきてくれて、ありがとう!

著者:ゆゆ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。