妊娠・出産・育児の情報サイト


私の出産体験談(陣痛を伴わない破水)

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

予定日より2週間近く早い時期でしたが、早朝4時頃に自宅で寝ていたところ、生理の初日の様な感覚に襲われて、おトイレへ駆け込みました。

 

オシッコの様に自分で止めたり、我慢できなかったので、慌てましたが、便器に座るやいなや、薄ピンク色の水が流れ出ました。

 

オシッコより少ない量だったので、破水か否かを確認する為に、生理用のナプキン(夜用)を付けてから、かかりつけの総合病院の産科の緊急連絡先へ連絡しました。

 

破水だと、生臭い匂いがするとネットで見ましたが、私の場合は、殆ど匂いませんでした。)

 

電話口の助産師さんは、「破水の場合、もう一度同じ事が起こります。10分程度様子を見て、また破水したらお電話下さい。」との事でした。

 

助産師さんのいう通り、10分もしない内に、1回目より量が多い破水が有ったので、再び連絡しました。

 

「入院していただきますので、ゆっくり用意をして、ご来院下さい。」との事でした。

 

破水=入院だと、調べて知っていましたが、破水陣痛が伴う=入院と思っていたので、状況がよく分からず、赤ちゃんは大丈夫なのか?と、不安になりました。

後で分かりましたが【前期破水】と言う症状でした。)

 

主人が在宅していましたので、車で病院に送ってもらい、陣痛室での入院スタートとなりました。

 

陣痛が本格的に始まるまで何日かかるだろう、、、と不安に駆られましたが、入院した日の夜21時には、かるい生理痛位の陣痛が有り、深夜2時には、かなり本格的な陣痛になっていました。

 

陣痛が、いつまで続くのか、、、と不安になりましたが、弱気になるとキリが無いので、、、『陣痛は痛いけど、後1分も耐えれば、一旦は落ち着く』と言い聞かせて気を紛らわしました。

 

すると、突然!

陣痛と共に、、、グーっと、凄く凄くイキみたくなる感覚が襲いました!

 

明らかにそれまでの陣痛と違ったので、すぐにナースコールを押し、助産師さんに来ていただき「イキみたいのが我慢出来なくなって来ました。」とお伝えしました。

 

すぐに、子宮口の状態を見ていただきましたが「まだ子宮口が全開していないから、次の陣痛が来た時にもう一度確認させて下さい。」と言われました。

 

3分もしない内に次の陣痛が来て、凄くイキみたい感覚を堪えれずに下腹部に力が入ります。

 

助産師さんが子宮口を確認します。

陣痛の時に全開してますね、分娩室の用意しますので、もう少し頑張りましょう」と言っていただきました。

 

その間、15分か、20分程度だと思いますが、イキみたい感覚を逃す為に、呼吸に集中して耐えました。

 

「分娩室の用意できました。もうイキんで良いですよ。」と助産師さんに声をかけていただいてから、分娩室への移動もサポートしていただき自力で歩いて行きました。

 

たっぷり我慢した所為か、分娩台に座ってからは、陣痛5~6回程度で上手に産まれて来てくれました。

 

助産師さん達も驚きの安産でした。

 

産まれてからすぐに、胸の上で抱っこさせてくれる方針の産科でしたので、今まさに、10ヶ月近く一心同体だった我が子が、外の世界に触れて、何を感じてるか、と考えを巡らせれる、その事が何とも言えず感激的で自然と嬉し涙が流れました。

 

私なんかが、ちゃんとした母親になれるんだろうか?ちゃんと育ててあげれるのだろうか?と、不安に思っていましたが、、、

陣痛に耐えて耐えて、産まれて来た子を抱いた時には、私が何としても、この子を守るんだ、幸せな家庭にするんだ。という自分の心境の変化を感じ、、、上手く言えませんが、母親になる覚悟が出来上がったように思いました。

 

これが私の出産体験談です。

出産までのプロセスは、多種多様のようなので、どなたかの、ちょっとした参考程度になるように祈っています。

 

最後に、、、

私は神経質なので、家族の立会いも不要と、1人で出産する事を決めていました。

 

何度か強めの陣痛に耐えている間にも助産師さんが様子を見に来てくださり、痛みを逃がす呼吸方を教えていただいたり、痛い腰を温めてくださったりして、なるべくリラックスしながら、時間を過ごす様に努めていただきました。

 

助産師さんのサポートには、感謝してもしきれません。

 

これから出産される方々も、家族の立会いも大切ですが、我が子との2人だけの出産体験を最初で最期の一心同体共同作業と思い、楽しんでいただくのも良いのかもと思いました。

著者:さっち

ついこの前に男児を出産した初マタです。

 

妊娠前から18kg増えた体重増加注意の初マタでしたが、もの凄い安産でした!

 

安産のコツは(結果論)笑

① 臨月まで1日30分~1時間のウォーキング(臨月に入ってからは、無理しない程度に歩いて下さい。)

便秘で伸びた会陰でした。笑

 

ウォーキングの所為か、臨月に入ってからは、股が痛くて歩くのが大変でした。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。