妊娠・出産・育児の情報サイト


正期産の時期になってからが勝負!

36週の臨月に入り、腰骨~骨盤にかけてと、恥骨が重さに耐えかねて痛くなってきました。

 

臨月に入る1ヶ月前ぐらいから徐々にウォーキングは始めていましたが、37週に入ってから重さが特に気になってきました。

 

腹帯をして、少し固定して歩くとマシになりました。

 

でも胎動は思いのほかしっかりと感じます。力強い!の一言です。

 

体重の急激な増加はこのウォーキングでかなり抑えられているように思いますが、やはりお腹が重い分凄く疲れやすいので注意が必要です

 

あばら骨への圧迫や、脇腹がにょきにょき伸びていますが、以前ほどぐるぐる動き回る感じはしません。

 

歩きながら、「今日はお天気で気持ちいいねー」とか「今日もいっぱいお散歩しようねー」とお腹を撫でながら歩いています。

 

コミュニケーションの一つとして、重いし、動きにくいですが残り少ない一心同体の時間を楽しもうと思います!

著者:kana

結婚後、派遣の仕事を始めて3ヶ月後、直ぐに子どもが出来てしまったものの8ヶ月終了まで働いていました。

 

つわりや、思わぬ不調なども、周りへの説明努力は当たり前だけど、理解して協力してしてくださる皆さんに感謝の気持ちをしっかり伝える事も大切だと、学びました。

 

残り少ないマタニティライフをのんびり散歩とガーデニングで癒されながら過ごし中です

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。