妊娠・出産・育児の情報サイト


しまった!?里帰り出産

妊娠9ヶ月に入ったところで、里帰り出産をしました。初産で、陣痛が始まった時一人だと不安だろうということで、主人共々あまり深く考えずに里帰りにしました。

 

これが、なかなか失敗でした。

 

大学から家を出て、10年ぶりのがっつり実家ぐらし。実家は自宅から電車で4時間ほど。小さな村で、車で10分ほど走らないと、周囲には買い物スポットやカフェなど何もありません。陸の孤島です。しかも、雪国で冬の里帰りだった為、非常に寒い。

 

母も父も日中は働いており、平日は90近い祖母と2人だけ。過剰な心配性の祖母とは、もともと折合いがあまり良くなく顔を合わせるだけでストレスになっていきました。

 

体調はつわりなども無く、順調な妊婦生活。むしろ、元気が有り余るほどでした。

しかし、車が運転出来ず出掛けられないので、たまに友人や母と出掛ける以外は、ほぼ家で過ごしていました。家事もそこまでやる事が無く。ウォーキングやヨガやスタイ作り、お菓子作り、勉強、読書…色々やりつつも、やはり暇を持て余してしまい、それもストレスに。「自宅だったら、近くに駅があったから電車使って色々行けたのに!」と何回も後悔。

 

1番辛かったのは、旦那と離れたことでした。離れて1週間くらいでお互い会いたくなってしまい、旦那ロス・嫁ロスが酷かったです(笑)

 

早く帰りたくなってしまって、赤ちゃんに「早く産まれて来てー!」と毎晩言っていました。

 

久々の父と母との時間は楽しくもあったのですが、「初産=里帰り」と思い込まず、色んな状況をよく考えて里帰りしたら良かったなぁと思います!

著者:たぬき

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。