妊娠・出産・育児の情報サイト


帝王切開は立派なお産

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊娠28週に入り、つわりが治った頃に赤ちゃん逆子と診断され、逆子体操の毎日でした。産休取得の翌日からお腹が張り、切迫早産の危険及びへその緒が赤ちゃんの首に巻いていたため、入院となりました。仕事を休まず、残業をしていたため、赤ちゃんがしんどかったんだなと反省しました。産休中にしたかった出産準備の買い物に行けず、実母と夫での準備となりました。医師による外回転術も試みましたが結局、逆子が治らず、母子安全のため、帝王切開の日程を決めました。

 

帝王切開時、夫は立合ってくれましたが、麻酔のせいで気持ちが悪かった私は、夫が握った手をふりはらい、助産師さんの問いかけに答えていたため、夫が生々しい手術時の写真を撮っていることに気づきませんでした。

 

楽観的な外国人の夫は、手術時の写真は貴重で滅多にないことだと、私に写真を見せようとしてくれましたが、自分の生々しい手術中の写真を見たいと思えず、拒否しています。

 

赤ちゃんが無事に産まれ良かったですが、帝王切開後の切った痛みと後陣痛のため、注射、座薬、点滴と薬漬けでした。初めての手術だったため、緊張したせいで尻が筋肉痛になり寝返りするたびに激痛でし

 

帝王切開はお産でないと言う人がいますが、自然分娩にはない痛みがあります。帝王切開は立派なお産です。これから帝王切開でお産の方、自信を持って下さい。