妊娠・出産・育児の情報サイト


不妊治療の病院は合わないと思えば転院すべき

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

すぐに子供ができるものだろうと、働きながら授かればいいなとしか思っていなかったのですが、結婚して、5年が経ち、妊活をしてみようと、排卵検査薬を使用し、自分でタイミングをみて子作りをしましたが、2.3回トライしても授かりませんでした。

看護師の友人が、機能に問題ない人は排卵検査薬で2.3回チャレンジすれば授かる、ダメならそれはもう不妊だよと言っていたのが気になり、不妊治療と言うよりは問題がないか検査してもらうつもりで病院へ行きました。

病院は幾つか有名なところを候補にあげ、知人の口コミ、主人と相談して通う病院を決めました。

1軒目の病院では卵巣嚢腫があるものの、他に決定的な不妊の原因となるような問題はなく、タイミング療法で様子を見ることになりました。

約半年が経ち、妊娠の兆候すらないので、人工授精を勧められ、トライする事になりました。

以前から、治療の方針や病院の雰囲気、診療明細など不明な点が多く、不満に思っていましたが、初めての病院で他を知らないため比べようもなく、また病院を転々とするのも良くないと思っていたので半年ほど通っていました。が、人工授精をした時にこの病院はやっぱり合ってない!と思いました。

人工授精の結果も妊娠には至らず、その後排卵日が年末年始の休業日と重なり治療ができないので、転院するいいタイミングかなと思い、候補に挙げていたもう1つの病院に行く事にしました。

転院する事を伝えていなかった為、紹介状などはなく、新しい病院には手元にある基礎体温や、処方されていた薬など自分で把握している情報だけを伝えました。(少し前から転院を検討していたので、病院には明細を出してもらうようにしました。初めは領収書だけの発行で、どんな治療、検査をしているのかすらわかりませんでした。)

また一から検査となりましたが、検査をしている途中で、自然妊娠する事が出来ました。

卵管造影検査をした後なので、そのおかげで妊娠したのだと思います。

卵巣嚢腫があるので総合病院へ転院を余儀なくされましたが、その後無事に元気な男児が産まれました。

今思えば、病院に不安を抱えたまま治療を続けるストレスも良くなかったのだと思います。

不妊治療は長期にわたり、転院は今までしてきた治療が無駄になるのかとも思いましたが、思い切って転院をしてよかったと思いました。

著者:チェリー

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。