妊娠・出産・育児の情報サイト


出産は絶対立ち会いがオススメ!!

出産から早くも1年がたちますが、自分が経験したことをみなさんに伝えることができるなら記録したいと思います。

私は初産の為、絶対に旦那立ち会い希望でした。予定日すぎても産まれる気配がなかったので11日後に入院し、促進剤を使い出産に挑みました。

ネットや知人情報で事前に促進剤を使ったらどんな感じかはなんとなく情報収集してましたがいざ始まると…最初は錠剤からなんですが、だんだん数を飲んでいくうちに生理痛のめっちゃんこ痛いバージョンが地味にきだし、最初はお腹というか子宮が痛くだんだん腰が痛くなり、最終的にお尻がいたくなりました。

朝10時頃から始まり、波がありながらも陣痛の間隔も狭くなってきたりしたので、今日中に産まれるかもね~なんていってたけど、結局夜になるにつれて陣痛の間隔が長くなってしまい、痛いけど陣痛が弱いのかなかなか降りてこず、痛みと眠気と戦いながら朝を迎えました。ここから点滴に切り替えになり、そこからピークの痛みとの戦いでした。もう力まずにはいられないので陣痛がくるたびにいきんでいましたがなかなか破水もせず、最終的に助産師さんが手で破水させてました。

そこからは早かったように思いますがここでハプニングで、分娩室は帝王切開の子とブッキングしてしまい、まさかの陣痛室での出産!私はどこでもいいから早く産ませて状態でしたが、旦那曰くこんな狭い場所で産めるのかすごい不安だったようです。

(後から聞いたけども)出産自体はほんとにスムーズでした。旦那は狭いベッドの隅で必死に励ましてくれ、タオルで汗等も拭いてくれました。私は痛くて最終的に無理ー!と叫びながら旦那の手をすごい力で握りまくっていました。出産時もそうですが陣痛の時もなにも文句言わずボールで腰やお尻をさすってくれたこと、ほんとに感謝です。あの時彼がついていなかったら…とおもうとゾッとします。

産後、私は感動で号泣、旦那も泣いていました。陣痛から側で一緒にいたから凄く感動的だったと!ありがとう!頑張ったね!といってくれました。今ではベビーも1歳をすぎ日々モンスター化してますが旦那もイクメンで笑顔が絶えない日々をすごしています。

これからも出産を控えてる方、もし立ち会いを悩んでるのであれば極力立ち会い出産をオススメします。

著者:ミクロン

一児のママです。

日々モンスター化してく天使ちゃんですが

試行錯誤しながら日々奮闘中♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。