妊娠・出産・育児の情報サイト


妊活は大変だけど、原因がわかればすぐ授かりました。

27歳で結婚し、30歳までには妊娠することを目標にしていました。でも、29歳までは妊活という妊活はしておらずたまたま子供ができないだけかなという気持ちでいました。

29歳になり少し焦り始めたので基礎体温排卵検査薬を使って何度か試しましたが、子供ができず早く子供がほしかったのですぐに病院に行きました。基礎体温もばっちりで、排卵は問題なさそうだったので主人の検査からしましたが、主人も問題なく原因がわかりませんでした。

その病院では、次のステップは排卵を病院で調べてそのタイミングで妊活して、それでも子供ができなければ人工授精をした方がいいと言われました。私は一旦検討することにし、自分でまた基礎体温妊活しようかなと考えていましたが、たまたまネットで見ていたら卵管の検査ができることがわかり、別の病院で卵管の検査をして見ました。すると卵管が通ってないことがわかりました。

卵管が通ってないことは原因不明でショックでしたが、卵管のせいで妊娠しないことがわかり、卵管を通す手術をするか、体外受精をするしか方法はないと言われました。卵管を通す手術は保険適用なのでそんなにお金はかからないし、まだ29歳だから手術をして妊活しても遅くないと病院の先生に言われました。ただし、卵管を通してもまた塞がるかもしれないし、すぐ子供ができるかわからないとも言われ、主人と相談し、お金はかかるけど体外受精をすることにしました。

体外受精で有名な病院を紹介してもらい、すぐに通院しました。体外受精は保険適用外でお金がすごくかかるし、一回で成功する人の方が少ないので不安でいっぱいでした。ただ、収入によっては助成金ももらえるので、助成金がもらえる人もいるようです。

有名な病院だったので、日によっては四時間待つこともあり大変な思いもしましたが、病院と自分を信じて通院しました。すると、一回で妊娠することができました。

体外受精なので、20代で病院に通う人の方が少なく40代くらいの方もたくさんいました。診察室からたまに聞こえてくるのですが、何度も妊娠に失敗している人もいました。

私が病院に通い思ったことは、妊娠をしたいのであれば一日でも早く妊活するべきだと思いました。歳を重ねると子供ができにくくなるのは事実なので、どんな方法で妊娠するにしても早いに越したことはないと思います。なかなか妊娠しなくて困ったときは、病院で相談して原因を見つけるのが一番だと思いました。病院選びに失敗すると、私のように違う検査をしたりする可能性があるので慎重に選んで下さい。妊娠を望むみなさんが妊娠できることを願います。

著者:ままま

もうすぐ出産します。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。