妊娠・出産・育児の情報サイト


多忙なOLから、ある日突然、病気で動けない体に・・その後結婚、出産

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

入社して5年目となった27歳。営業で朝から外回り。会社に戻る夜の20時から内勤を開始..という毎日で、かなり忙しくも充実した日々だった。

 

 そんなある日、いつもはめている指輪が、はまらないことに気づいた。

 

「??」

 

そういえば、朝、家から出かけるときにドアノブを開けるのにとても力がいるし、手が痛む。

 

関節リウマチの発症だった。発症すると指の第二関節が腫れることがあり、指輪が通らなくなるほど、腫れ始めていた。

 

幸い、多少の病識があったため、即受診したところ、専門の先生は検査結果も見ずに、おそらくリウマチでしょうと私に告げた。

 

 まだ結婚もしていないのに、一生治らない病気にかかるなんて。

 

 実家で家族と同居していたので、家族に心配をかけるまいと、夜中にベッドの中で体を丸めて2週間泣き続けた。

 

 泣いてる暇もないくらい、激しい手首の痛みに襲われはじめた。

 

 営業車で外回りしていたのに、手首の痛みで、とても危なくて運転なんかできる状態じゃない。

 

 どうしよう..。

 

 上司に相談してしばらく内勤をする日々になり、3か月程度、様子を見ることになった。

 

 次に病院で告げられたのは、関節リウマチの診断と、避妊が必要な投薬治療の開始だった。

 

 痛みはどんどん強くなり、手首が曲がるごとに激しい痛みに襲われ、いよいよ日常生活もままならない状況に陥ったときに思った。

 

 彼氏もいないし、もう結婚も出産もできないな..

 まだ27歳で、なんでこんな病気になったんだろう。

 

 あれから3年半。

 

 同じ会社の後輩と結婚した。

 

ありがたくも、病気の理解もあり、投薬を続けた結果、発症から半年で痛みは治まり、薬は継続していたが、今までと変わらない日常生活に戻ることができた。

 

 妊娠を希望していたので、薬を一時的に中断して、妊活もはじめた。

 

 一度は自然流産も経験したが、その2か月後に妊娠。

 無事に男の子を出産した。

 

 つらい状況でも変わることができるんだなぁ。

 

 毎日、息子の育児に追われてヘトヘトで自分の時間もないけれど、

 結婚も妊娠もあきらめていたあのときからは考えられない、

 ありがたい毎日に感謝。 

 

 ※関節リウマチは痛みの程度、発症部位、経過に個人差が大きいので、あくまでも私の体験談です。

 

著者:テリぽん

10か月の男の子のママ。現在、第二子、第三子となる双子を妊娠中。現在、育児休暇を取得中で、貴重な休暇を息子と過ごす毎日に感謝。関節リウマチの持病があり、治療を継続しながら結婚、妊娠、出産。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。