妊娠・出産・育児の情報サイト


微弱陣痛との戦い

40週6日で出産致しました。出産日3日前から、微弱陣痛に耐えていました。

出産日当日の夜中は1時間おきにトイレ。

10分おきくらいに来る微弱陣痛が痛くて痛くて寝れないし、検診があるから早く朝になってほしい一心だった。

朝9時から定期検診。微弱陣痛が辛くて心が折れそうになりかけてた。むしろ折れてた。いつ本陣痛になるのかと。モニターとるも間隔10分以上開いてるし、なぜか張りも強くない...

内診で子宮口6センチ。先生が私が体力限界である事を知っていて、午後破水させようと言ってくれた。

破水後は3.4分間隔で陣痛が来るように。ぐーーーっとおまたを押されるような痛い痛みがすごく辛くて何回も叫んでしまった。

旦那さんは、何一つ嫌な顔をしないで支えてくれた。

うちわで扇いでくれたり、テニスボールでいきみのがしてくれたり、飲み物飲ませてくれたり、リップつけてくれたり、タオルで汗拭いてくれたり。

17時半ごろ、我が子誕生!

カンガルーケアの時の暖かさは一生忘れない。

吸引の準備もされてたけど、吸引せずに自然に産まれて来てくれた。先生、助産師さん、旦那さんに本当感謝。

その後すぐ夜ご飯がきて、完食しました。笑

21:30にトイレチェック。トイレは問題無し!痛み無し!

だけど、おまた切ったところとお腹がじわじわ痛くなってくる...

微弱陣痛>お産。陣痛がほんとーに辛かった。

当時の天気は、晴れでした。

著者:もも

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。