妊娠・出産・育児の情報サイト


一人目の帝王切開後の出産

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私は、一人目の子を帝王切開で出産しましたが、二人目を妊娠した時に帝王切開の腰椎麻酔の恐怖と下から産みたいという強い希望で一度だけ帝王切開しても二人目は普通分娩が帝王切開の傷口もよれけば出産できる病院を探し、無事に二人目を普通分娩で出産することが出来ました!

帝王切開後の痛みより普通分娩の方がはるかに産後は楽でしたが、やはり帝王切開後の普通分娩については子宮破裂の危険性もあるため、ベテラン医師がいる病院で帝王切開の傷口もキレイである、何かあれば緊急で手術ができる施設があるなど、さまざまな条件をクリアしなければなりませんでした。

まず私の通院した病院では

妊娠後期で子宮孔が開いてきたら前回帝王切開した傷口を先生が内診してチェックを毎回する!(傷口が薄ければ帝王切開になる可能性は高いです!)

②レントゲン検査

骨盤不均等ではないかを調べる検査(赤ちゃんの頭とお母さんの骨盤の大きさを調べて赤ちゃんの頭が大きすぎるとお母さんの産道が通らないため)

もちろん逆子の場合は帝王切開になります。

③心電図、感染症の採血(緊急で帝王切開になった場合の準備のため)

陣痛がきてからの内診

陣痛がきて、子宮孔が開いてくるのに、先生がマメに内診をして前回帝王切開の傷口のチェックをする!

※もし予定日を過ぎても、破水しても陣痛がこなくても何日間は陣痛を待つ!

(陣痛を起こすため誘発剤やバルーン(風船)を使用したら無理な力で陣痛を起こすことにより子宮に負担がかかり子宮破裂の危険性があるため)

⑤無事に普通分娩できた後も、先生による内診で子宮の傷口のチェックはする。

いろいろな事がクリアーできて二人目は普通分娩することが出来ました。

リスクがあることは承知で行いましたが、私は、一人目帝王切開、二人目普通分娩を経験することにより、赤ちゃんは簡単に産む事ができるものではない、いろいろなリスクを抱えながら産まれてくるんだてことを、染々と感じる事ができ又、帝王切開と普通分娩を経験することが出来ました。

私、個人の感想では恐がりで痛がりでも普通分娩の方がはるかに痛みも楽で産後の回復も早かったです!又、二回、三回と帝王切開するのも癒着の問題、膀胱に穴が空いたりなどのリスクもあるので、何回も帝王切開するのも、お勧めできないと思います。

私の通院と出産記録を読んで、今後の出産方法を参考にしてもらえたらいいと思います。

これから出産する人に知識が増えて無事に安全にお産が出来たらいいなーと思います。

著者:カオリン

赤ちゃんが無事に産まれてくるのは奇跡な事と感じた今現在2ヶ月の赤ちゃんがいるママです!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。