妊娠・出産・育児の情報サイト


戦った24時間陣痛

バリバリ働いてて、急にわかった妊娠。

本当ギリギリまで働いて、出産予定日1ヶ月前に車で片道2時間の実家へ里帰りをしました。

 

甘えまくってのんびりな実家生活も束の間!

とうとうやってきた出産予定日!ドキドキ…、、

ん??…何も起こらず1日終了。

 

次の日が検診日だったので、先生に相談した所1週間超えたら入院ねー。促進剤ねー。との事。

 

待てど待てど陣痛はこない…。

雑巾掛けやらウォーキングやらオロナミンCやら色々試したが無反応。。

 

そして、出産予定日から1週間たった夜、1時頃旦那さんと電話をし産まれないねー。なんて言いながら電話を切って寝ようと電気を消した瞬間、

 

バツン!!!!!

 

え?何事!?

 

立ち上がった瞬間ドバーッと出てきました!破水です!パニックになりながら着替えたり、病院に電話し、両親を起こし病院へゴー!

 

即入院。

病室1人だんだん痛くなる痛みに耐える。

この時の痛みは生理痛酷いな。の痛み。

 

巡回の看護婦さんに痛いんですけど…と伝え分娩室へ行き子宮口の開き具合を見るが全然ひらかず、

耐える時間が続きました…

生理痛どころでない痛みでしたが呼吸でなんとか乗り越えられました。

 

朝になっても子宮口はなかなか開かず、5分間隔がずーっと続き、夜の7時頃、また破水

 

そこからがもう。凄いすごい!

痛いどころじゃない!!!テニスボールでお尻押してもらって、叫んで、、笑

 

深夜12時やっと分娩style!

陣痛の痛さで尿意が感じず、排泄していないため導尿…。痛い…。

 

赤ちゃんの髪の毛みえてるよー」って助産師さんに言われるも、分かったから!痛いから!って心の中で叫んでました。

 

いきみたいけど、出るところが裂けそうで痛くて恐怖でした。

もしかしたら、陣痛よりその痛さの方が大きかったかもしれないです。

 

よくわからないまま、痛い!!!!っていきみながら言ってたら「おぎゃー!」と元気な産声が上がりました。

 

残念ながら、私は視力が悪く当日はメガネで、メガネを外した状態の分娩でしたので、出て来た瞬間の我が子はボヤけてました。笑

コンタクトにしておけばよかったと後悔…

 

休む暇も無く、裂けた所の縫合。麻酔してるんだろうけど痛い。チクチクします。

私は胎盤が出てこなくて、先生や助産師さんがお腹押したり掻き出すのがまた痛くて苦痛でした。。

 

処置も終わり、きれいに拭いてもらった我が子と対面、、。

 

痛さ忘れるくらいの愛おしさで、もう、天使でした。結構しっかりした体つきの3280g女の子の天使でした。

 

私の出産した病院は分娩の時は立会いNGだったので、旦那さんと母と父は外で待ってたのですが、

我が子を抱いた瞬間の旦那のニヤケ顔と父母の笑顔は一生忘れません。

産んでよかったと本当に思いました。

 

陣痛の間はずーっと体をさすってくれた旦那と母には本当に感謝です。

 

今まで味わったことのない恐怖と痛みでしたが、こんな私でも乗り越えられました!

母は強し!です!

我が子も一緒に頑張ってるから頑張れました!

 

産まれて来てくれて本当にありがとう。

ママを選んでくれてありがとう。

命に代えても守っていくよ。

 

著者:しなしな

すぼら母さんが8ヶ月むちむち女の子ベビーを育児中!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。