妊娠・出産・育児の情報サイト


出産ドタバタ記

息子を2015年4月に出産しました!

私のお産は、無痛分娩で痛みを和らげながら普通分娩をして感動的な出産になるはずが…

破水から始まり陣痛、子宮口が開かず促進剤→無痛分娩処置→胎児心拍数減る→帝王切開→無事元気に誕生と、このような流れでした!

 

予定日11日前、朝起きてお手洗いからまた寝室に戻る時に破水から始まりました。

陣痛やお産の兆候もまったくなく、産婦人科の先生からもその2日前に子宮口も開いていないと言われていたので、まったく想像していなくて、でも間違えなくドバッと水が出て、破水と確信。

とりあえず着替えてナプキンを当て、主人を起こしました。

主人は寝起きなのに、多分私が気が動転してると思ったのか、ギュッと抱きしめて大丈夫だよと優しく言ってくれました…が、私は早く病院に電話したり荷物をまとめなきゃとすぐ立ち上がる←可愛くないですよね(笑)

 

産婦人科に電話すると、破水なら入院なので荷物をまとめてくるように言われ、髪もボサボサ、スッピンマスクで主人が運転する車で出発しました。

産婦人科に着くとすぐ子宮口確認がありましたが、まだ2cmも開いてなくて、ひとまず入院する個室のお部屋で度々NSTを取りながら様子を見ることになりました。

夜になり主人には一度帰ってもらい、私は病院の夕食を食べて、「明日の朝に陣痛促進剤で出産しましょう」と言われて眠りにつくけれど、2時間おきにNSTを取るので起こされました。

眠れないけど、赤ちゃんの力強い心拍音を聞き『明日会えるね、一緒に頑張ろうね』と言いながら朝を待ちました。

 

翌朝8時から促進剤投与が開始されて、すぐに強い痛みに苦しみましたが、2時間後に予定通り無痛分娩にするため麻酔をしたので、痛みは和らぎました。

子宮口も6cmまで開いたところで、NSTから度々アラーム音が鳴り、胎児心拍が落ちたりもどったりして不安定になっていると助産師さんと担当の先生が話していました。

先生から「子宮口の開きもゆっくりだしmこの状態が続くのが良くないから帝王切開にしましょう」と言われました。

全くの想定外。突然、人生初の手術を今からすると言われ、頭が真っ白になりましたが、先生に「大丈夫!あと1時間半後には元気な赤ちゃんに会えるんだから一緒に頑張ろうね」と言われ、一気に怖さはなくなりました。

『もう会えるし、赤ちゃんのために頑張ろう』

きっとこれが、母は強しの瞬間ですね。

 

すぐに手術の準備が始まり、麻酔も背中を曲げる事に苦戦しましたが、痛くもなくあっと言う間に済みました。

先生が「でははじめますね!すぐに赤ちゃんでますよ!」そして15分後に先生が「はい!でまーす!おめでとうこざいます!」と。

手術室に響き渡るくらいの大きな声の産声を聞き、赤ちゃんと記念撮影をして感動もつかの間、子宮を収縮させる薬でひどい吐き気で10分くらい苦しみました。

 

落ち着いた頃に縫合も終わってもとの個室に運ばれ、先回りして赤ちゃんの写真をいっぱい撮ったのか首からカメラ、片手にビデオカメラを持ってニヤニヤしている主人から写真や動画を見せてもらっていると、赤ちゃんと先生が来て寝ている私の右手に抱っこさせてくれて、記念写真を撮ってくれました。

そして先生から「本当におめでとうこざいます!お子さん元気に産まれてきてくれて良かったです。実はへその緒が3周も首に巻かれた状態だったので、おそらくそのせいで陣痛促進剤の子宮が収縮する時に首が締められた状態で心拍が下がったと思われます」と説明されました。

先生の早い判断で無事に産まれることができたんだろうなと思いました。

もしそのままだったらどうだったのかな、そうすると帝王切開で良かった、この子は元気に出てきて今私の右手にいるんだからと思い、私の理想の出産ではないけど後悔の気持ちなんて少しもありません。

 

ただ麻酔が切れた瞬間から翌日の朝までは、筋肉注射の痛み止めを3回打っても強い痛みでまた眠れない夜になりました。

翌朝に赤ちゃんと同室になり、すぐに立ち上がる事も出来て尿管も外してもらい、先生もびっくりするほどの回復して無事に退院しました。

少しでも皆様の参考になりますように!

著者:はるちゃんまま

2015年4月に男の子を帝王切開出産し毎日楽しく育児をしています!

私のお産は破水陣痛促進剤→無痛分娩処置→胎児心拍が落ちる→帝王切開でした!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。