妊娠・出産・育児の情報サイト


13年ぶりの第2子妊娠。不安の中、人生初インフルでパニック!

20代半ばに長男を出産し、その後色々ありまして、ずっとシングルマザーで頑張ってきました。

 

離婚して8年目の今年、ありがたいことに3年付き合った彼と再婚が決まり、籍を入れた1ヶ月後にスピード妊娠しました。

年齢的に高齢出産になるし、色々なリスクもあるだろうとかなり心配していましたが、20週の今まで問題なく来ていたのですが…

 

あと2日で20週目の検診日というときに、夜寝る前にトイレに行ったところ出血(血のかたまり)。

泣きながらパパを呼んでパニックに。

幸い出血は続かず、拭ききれる程度のものだったし、お腹の痛みもなかったので、朝まで待って急きょ病院へ。

 

診断は低置胎盤でした。

内診でも出血はみられず安心しましたが、また何度も出血したら入院、それと30週までに胎盤の位置が動かなければ帝王切開になるかもとの説明を受けました。

とりあえず張り止めのお薬をもらい、自宅安静といわれました。

 

それだけでも不安だったのに、なんとその夜から高熱にうなされまして…

丸2日寝込み、夜になると38.5℃以上の高熱が出て、胎動も少なく感じとても不安になり、救急で病院へ。

なんとインフルエンザでした。

人生初インフルが妊娠中、しかも自宅安静中…。本当に最悪でした。

ただでさえインフルで辛いのに、き込んだり、くしゃみをするたびに、また出血するんじゃないかと余計に心配してしまい、かなり精神的に参りました…。

 

熱も下がり、やっと起き上がれるようになったものの、あまりにもお腹が静かで心配で話しかけて何度も何度もなでなでしたら、びっくりするくらい元気におなかを蹴り返してくれた時は、うれしくて安心して涙がでました。

 

つい、数日前に起こった出来事です。

みなさん、それぞれ不安があるかと思いますけど、赤ちゃんのために乗り越えて頑張りましょう

著者:そうまま

13年ぶりに第2子を妊娠した、再婚ホヤホヤママです

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。