妊娠・出産・育児の情報サイト


おっぱいの詰まり

初めての子どもを出産して、やはり母乳で育てたい!という思いがあり、頻回授乳で母乳の生産量を増やそうと頑張っていました。

産後2ヶ月頃から無事に完母で行けるようになったのですが、今度は新たな悩みが出来ました。

母乳が出るものの、とても詰まり易かったんです。

 

授乳しても、おっぱいの張りが取れずカチカチの岩の様になってしまう事が度々起こりました。

ネットで調べた対策で、授乳中におっぱいを揉んで出を良くしたり、色々な方向からおっぱいを飲ませる、詰まりを取ってくれるというハーブティーを飲んだりしてみましたが、あまり効き目はありませんでした。

 

なので、なるべく詰まりを作らないために、食事は脂の多い肉を避けて魚中心。

チョコレートや生クリームなどの乳脂肪が多いお菓子も食べない様にしていました。

それでも、やはりどうしても詰まって、授乳してもカチカチになって自分ではどうしようもなくなってしまう事がありました。

 

色々と調べてみると、住んでいる町には母乳の事で相談出来る助産師さんが数人いる事が分かり、その中で自宅訪問をしてくれておっぱいマッサージをしてくれる方に電話してみました。

自宅に来てもらい、おっぱいの様子を見ると、「あぁ。これは痛いだろうね。」と言って、おっぱいマッサージをしてくれました。

 

仰向けに寝転んだ状態で、胸の周りにタオルを敷いて、おっぱいマッサージが始まりました。おっぱい全体と言うよりは、乳輪の辺りをつまんで、まずは詰まっている箇所を探す様な感じでした。

赤ちゃんに授乳する時とは比べものにならない位の激痛で、マッサージが進んでいくにつれて、痛い痛いと声は出るし、しまいには涙まで流してしまっていました。

助産師さんも、「ごめんね。でも詰まりが取れたら楽になるからね!」と、マッサージを続けてくれて、2時間くらいして、やっと詰まりの原因の乳栓がポロっと母乳と一緒に出てきました。

乳栓が取れると、その穴からピューっと母乳が吹き出てきて、おっぱいが一気にふにゃふにゃの状態になりました。

嬉しいやら面白いやら、また泣いてしまって、助産師さんと一緒に、やったね!取れたね!と喜びました。

 

訪問してくれて、おっぱいマッサージをしてもらって、支払いは4,000円くらいかかったと思います。

思いがけない出費は家計には痛かったのですが、自分ではどうしようも出来なくて、本当に神様に助けられた様な気持ちになりました。

 

それから、引き続き食事に気をつけて授乳体制も気を付けていたのですが、またすぐにおっぱいの詰まりが酷くてカンカンのカチカチおっぱいになり、助産師さんを呼びました。

そんな事が数回あり、このままではお金がいくらあっても足りないし、ミルク育児の方が安く上がるんじゃないかとまで思い始めました。

ネットでは、引き続きおっぱいの詰まりについて調べていて、見つけたのが牛蒡子と言うより漢方でした。

早速購入してみると、それは牛蒡の種の漢方で、お茶にして飲むと味は苦くて不味くて、ダンボールを煮出した様な味でした。

でもこんなに苦ければ効果もありそうと信じて、食後や暇を見つけては飲む様にしました。

すると、おっぱいが詰まっていても、授乳すると詰まりが取れて、カチカチおっぱいになる事が無くなりました。

助産師さんに助けを求めなくても済む様になり、お肉やお菓子を多少食べても、牛蒡子のお茶を飲めば大丈夫にもなりました。

 

そのまま、10ヶ月の卒乳まで飲み続け、卒乳もすんなり進み、おっぱいトラブルもありませんでした。

なので、おっぱいの詰まりで悩んでいる方が居たら、本当に牛蒡子をお勧めします。

私は今、第二子妊娠中なので、今度は出産準備として牛蒡子を事前に購入しておこうと思っています。

著者:しろ

1歳8ヶ月の子どもがいます。第二子妊娠中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。