妊娠・出産・育児の情報サイト


東京と田舎では出産費用の追銭が倍ほど違う

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

1人目は妊婦健診を東京の産院で受け、出産は実家の方で里帰り出産しました。

そして只今2人目妊娠中で、今回は上の子も居るので東京で検診を受けており、出産もします。

そこで気になる検診費用や出産費用ですが、やはり実家の方で里帰り出産する方が格段に安いです。

 

出産一時金を差し引いても、実家の産院では追銭が5万円以内(1人目は黄疸が出て、一緒に退院出来ず2泊産院に延泊までしていましたが)で済んだのですが、今回の2人目(都内で出産)の出産費用は、先に入院予約金として10万円を支払いました。

入院の申込書等に記載があった支払いのモデルケースでは、平均15万円の追銭が発生するようで、その入院予約金の10万円も戻ってこないようです。

ちなみに、お部屋も、実家の方で里帰り出産した産院は、個室でトイレもお風呂も付いていましたが、今回私が出産する東京の産院では、トイレ付きの部屋を選ぶと更に追銭が発生します…。

検診費用も実家の方では、ほぼタダに近く、東京の産院での検診費用を妹に話すと高くて驚かれました。やはり、都市部での出産はいろいろな費用がかかるんでしょうね。

都市部でも、安い産院はあるかもしれませんが、私の住んでる地区は周りのママさんに聞いてもやはり追銭が同じように発生する病院ばかりなので、よく調べて病院を選ぶと良いと思います!

著者:ともぴー。

只今2人目妊娠中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。