妊娠・出産・育児の情報サイト


切迫早産の見極め

40歳後半の自然妊娠。産婦人科医も含め周りは様々なトラブルを心配していましたが、至って順調に安定期を迎えることができました。

 

妊婦は歩いたほうがいい、などというように適度な運動も大切だと、少しずつ運動を始め出産に備えていました。

21週頃に海外旅行の予定を入れ、妊娠前と変わらない生活をしていましたが、或る日突然、おなかが痛み出し、旅行前なので心配になって病院へ行くと、なんと40ミリあった頚管長が3週間で25ミリに縮んでいて、切迫早産ギリギリのラインでした。

出血、破水、お腹の痛みなど自覚症状がほとんどない状態だったので、このまま気づかずに海外へ行って破水していたら、早産してしまっていたら、と思うと、本当に怖くなりました。

 

今は32週ですが、今も切迫早産で入院中です。

高齢以外はなんの問題もなく、健康で体力もある方だと思っていたので、切迫早産なんて他人事の様に思っていましたが、やはり年齢にはかなわない、特に妊娠は母体の年齢が顕著に現れるというので普段健康な方でもどんな状態になるかわかりません。

或る日突然、気付いたら頚管長が短くなり、早産ギリギリだったりするのですから…。

 

皆さんもこのようなことがない様に、少しでもお腹が張ったり、異変があればすぐに産婦人科へ行かれることをお勧めします。

先生曰く、「妊婦に安定期はない」らしいです。

 順調な妊娠でも、出産するまで、いつ何が起こるかわからないらしいのです。

 

せっかく授かった大切な命、大切に育てて出産してあげたいと思います。

皆さんも、切迫早産なんて他人事、とは思わず、いつ自分がなってもおかしくないと、日々の生活に気をつけて頂きたいと思います。

著者:nana

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。